銀座あれこれ 1 「銀座店案内編」

 aic-shop.JPG

 「京都あれこれ」に続きまして、銀座でも「銀座あれこれ」ということで、季節の事柄やイベント、あるいは銀座店を取り囲んでいる様々なことを、不定期に徒然なるままに、書いて参ります。

 どうぞ、宜しくお願い致します。



 京都に負けず劣らず、一年を通していると銀座店周りは随分と色々なイベントや出来事があり、季節ごとにも風景は変わっていきます。そんな移り変わりを、一年を通してお伝え出来たら……と思っています。

 そんな中、「まずは銀座の何について書いてみようか……」と思案していたのですが、一番初めということもあり、2年ほど前に「初めてのお客様へ」ということでお伝えした事もございますが、今一度「銀座の駅からC.O.U.銀座までの道のり」を歩きつつ、今現在の銀座の様子を少しばかり切り取ってみようか、と立ち上がりました。

 見慣れた道のり、と感じる方もいらっしゃるでしょうし、ご遠方の皆様には銀座店の周りをもっとご覧頂いていれば、いざ東京にいらっしゃる際にもきっと更に分かり易いはず……と改めて。
 それでは、参りましょう。

PB128221.jpg

 ゴールは、ここです。

 スタートするのは地下鉄・銀座線の銀座駅です。他にも銀座には丸の内線、日比谷線と集まっていますので、いずれの路線でも勿論大丈夫です。

PB128182.jpg

 銀座駅のA13番出口を目指して、まずは地下の通路をひたすらに進んで頂きます。

 そういえば、銀座線は実は日本で一番最初に開通した地下鉄であり、その始まりは1927年にも遡ります。当時は「東京地下鉄道」という名称で(至ってシンプルな名前ですが、どことなくレトロで渋い雰囲気があります……今は、東京メトロ、ですものね)、浅草駅〜上野駅間が繋がりました。
 その後、1950年代には丸の内線が、1960年代には日比谷線が銀座に通り、今のようなとても便利な状態になりました。
 (ちなみに、銀座線は日本で初の地下鉄なだけでなく、なんとアジア・オセアニア地域で初だったそうです。銀座の特別な歴史を感じますね)

 ……と、ちょっと脱線しましたが、A13番出口を目指して歩きますと……

PB128184.jpg

 出口前の地下通路には、銀座松屋の綺麗なウィンドウ・ディスプレイが並び、華やかな雰囲気になっています。このディスプレイも定期的に入れ替わっているので、毎度毎度通る度に密かな愉しみだったりします。

 そして、通路を終えてA13番出口を出ますと……

PB128187.jpg

 まさにすぐ隣、目の前に銀座松屋が大きくそびえ立ちます。銀座界隈でもひと際大きな百貨店であり、銀座の歴史を担ってきたお店であると思います。
 (もちろん、今もファッション文化の発信地として、とても愉しいところです)

 1925年の開店当時(もうすぐ90年が経とうとしています!)から、既に立派な佇まいであり、それからずっとザ・銀座という象徴の一つという雰囲気が感じられます。

 (1925年、開店当時の松屋銀座本店の様子です。Wikipediaより引用しております)

 ポンポンと少しずつ歩くだけでもすぐに長い歴史に巡り当たる、銀座は本当に面白い地であるなぁと、感心してしまいます。そんな土地で現在、皆様と共に革を長く愉しませて頂いていると思うと、密かに胸が熱くなってきたりもします。
 (銀座の歴史に負けないように、C.O.U.も独自の歴史を刻んでいきたいものです……)

 と、また話が逸れてしまいました……すいません。そんな風に銀座松屋の前に出るのですが、その通りが銀座の大通り・銀座中央通りです。
 これを出て来た向きのまま、真っ直ぐ進むのですが(一丁目に向かう方向です)、少し振り向いてみると……

PB128191.jpg

 年々近代さが増して行っている様に思える、中央通りです。今や銀座のランドマーク的存在にもなりつつあるアップル銀座店は、中央通りでも一層目立ちます、

 この大きな大きな通りも、週末土日ともなると、お昼は一気に歩行者天国へと変わり、そこかしこが歩行者で溢れます。
 (この形式はまた圧巻で面白いので、それまた今度お伝え出来れば、と思います)

 さて、そんなアップルは背にして、銀座松屋の横を歩いて行きますと……

PB128193.jpg

 もう銀座は既にクリスマスディスプレイが始まって来ていました。ついこの間までハロウィンだと浮かれていたのですが……時が過ぎるのは早いものです。

 そのまま歩いて行きますとぶつかるのが、これまた既にクリスマスデコレーションに突入している右手のBVLGARI(ブルガリ)……

PB128194.jpg

 その対面側、左に見えるのはやはり綺麗なデコレーションが目立つ、Cartier(カルティエ)が佇み、ブランド街としての銀座、現代の一面がしっかりと見えてきます。

PB128197.jpg

 (ちなみにすぐ近くにはCHANELもLUIS VUITTONも、TIFFANYやDUNHILLなどもあります……)

 色々と脱線していると長くなってしまったので、続きます……。


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode