ミニ・ショルダーバッグCOLLIER(コリア―)について 12

20180215_1281090.jpg

街歩きにピッタリな定番のミニ・ショルダーバッグです。

 

 

001.jpg

ミニ・ショルダーバッグCOLLIER・・・・・32,400円(税込)

 

 

 

002a.jpg

COLLIERはWILDSWANSを代表するミニ・ショルダーバッグとして今から10年以上前に誕生致しました。

発売当初はヴェロア素材で製作をしておりましたが、現在のCOLLIERはミネルバボックスを用いた仕様となり、全8色で製作されています。

 

 

 

003.jpg

メイン素材として使用しているミネルバボックスは短期間で大きな変化を生む、ダイナミックなエイジングが魅力的な牛革で、イタリア・トスカーナ州のバダラッシーカルロ社で生産されています。

バダラッシーカルロ社はクローム鞣しが主流の昨今の流れの中でもあえて時間の掛かるタンニン鞣しを頑なに守るタンナーとして知られており、ミネルバボックスの生産する上でも植物性タンニンで鞣しを施した後に、牛脚油を革の内部へ浸透させるというようなとても手間の掛かる工程が必要となります。

 

 

 

004.jpg

そして手作業による揉み込みにより表面についた凹凸は型押しとは異なり、一つ一つ表情に違いが表れ、また同じ製品の中でも、例えば表と裏の部分でもシボの出方が異なることもある大変個性的な表情が特徴です。

 

 

 

005.jpg

じっくりと長い時間を掛けて内部に浸透した油分はショルダーバッグとして使用する過程において、体に擦れる乾拭き効果により表面にギラギラした強い光沢が現われます。

こちらはスタッフが2年ほど使用したCOLLIERのコニャックです。

 

 

 

006.jpg

使用前はマットな質感でしたが、やはり使いこむことで全体に艶が溢れるように現れて色味もグッと深く変化しています。加えて革が馴染むことでより柔軟な質感へと変化していきます。

 

 

 

007.jpg

こちらは一見するとブラックにも見えますがネイビーのCOLLIERです。

左側は使用から半年程しか経過していませんが、使用頻度が高いこともあってかなりの光沢が確認出来ます。

また元々色味の濃いカラーのため他のカラーに比べると色味の変化はそれほど大きくありませんが、右側の使用前と比べるとさらに色味が濃くなりブラックにも見えるような状態になりました。

 

 

 

008.jpg

こちらも左側が使用から半年ほど経ったスタッフの私物で、カラーはボーネです。

8色の中で唯一染色を施していないカラーで、他のどのカラーよりも色の変わり幅が大きいのがボーネです。

ネイビーに比べると使用頻度が少ないため劇的な変化が訪れるのはこれからと言ったところですが、右側の使用前と比べると部分的に色味が濃くなっています。

 

 

 

009.jpg

お手入れはブラッシングをする程度で、豊富な油分を含んだ皮革のためクリームを塗布して磨いたりする必要もございません。

水への耐性は高くないため特にお使い始め、色味が明るければ明るい程シミになりやすい性質がありますが艶が表面を覆う段階になるとある程度水への耐性が増すことや色味が濃く変化することにより付着したシミが目立ちにくくなります。

簡易的なメンテナンスと短期間でエイジングを遂げる皮革であることから革製品の使用に慣れていない方にも比較的手軽にご使用して頂けます。(お使い始めからしばらくは衣服との擦れや水濡れによる色移りの可能性がございますので、特に色の薄いお召し物と合わせる際はどうかご注意くださいませ)

 

 

 

010.jpg

COLLIERは非常にシンプルな外観でH27×W 18×D7僖汽ぅ困猟省体はまるで厚みのある単行本のようです。

側面の2箇所に付けられた真鍮製のU字型金具はアンティークな雰囲気で、鞄本体と良く調和するパーツとなっております。

 

 

 

011.jpg

こちらに装着する生地テープ製のショルダーストラップは長さ97僂ら148僂泙把汗阿任、様々な体格にフィットすることが可能です。

また非常にミニマルなデザインということもあり、男性のみならず女性のお客様にもお使い頂けるショルダーバッグに仕上げています。

 

 

 

012.jpg

U字型金具と同じ真鍮製のナスカン金具はフックの開閉によりストラップと本体の着脱が可能となっており、ショルダーバッグとしてだけではなくクラッチバッグやバッグインバッグとしてもお使い頂けます。

 

 

 

013.jpg

COLLIER本体外側にポケットの装備は無く、ファスナーを開いた内部に全て収納する作りになっています。

ファスナーはWILDSWANSではお馴染みのYKKエクセラファスナーを採用しており、少し太めのゴールドファスナーが鞄の存在感を一段と引き立てています。

エクセラファスナーは金具を構成する務歯(エレメント)の一つ一つに研磨を施しているため開閉がとてもスムーズです。

 

 

 

014.jpg

内装に用いられている素材はWILDSWANSのオリジナルコットンで、上品な面持ちながら耐久性にも優れています。

中身は一室構造でWILDSWANSのロゴが付けられた反対側の面に一箇所だけ内ポケットを設けています。スマートフォンのような比較的薄いものや細かいものをまとめて収納するのに便利なポケットです。

 

 

 

015.jpg

全体的な容量としては500mlのペットボトルがちょうど2本入るくらいのスペースを設けておりますので、ちょっとした外出時に持参する財布、携帯電話、文庫本などを入れてもまだ余裕があります。

 

 

 

 

016a].jpg

基本的な掛け方はCOLLIER本体を背負うように斜め掛けにして、腰よりやや上の位置に合わせます。

自転車やバイクを運転する場合は鞄が動いて運転に支障をきたさないように、ストラップを短く調整してメッセンジャーバッグのようなタイトな掛け方にアレンジすることもおすすめです。

 

 

 

017.jpg

ミネルバボックスをふんだんに使用したショルダーバッグではありますが、重量は500gほどで実際に肩に掛けてみると革製の鞄を掛けていることを忘れてしまうくらい重さを感じません。手軽にストレスなく使える嬉しい軽さです。

 

 

 

018.jpg

手ぶらで出掛けたくなるこれからのシーズンでもポケットに収まりにくい小物類をさっとまとめて収納できるミニ・ショルダーバッグCOLLIERはC.O.U.銀座店C.O.U.京都店C.O.U.オンラインショップにてご用意しております。

是非店頭でもご覧下さいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode