特別生産品・シェルコードバンシリーズ第2弾について

シェルコードバン×型押しサドルプルアップシリーズ第2弾です。

先日、外装にシェルコードバン(グリーン)、内装に型押しを施したサドルプルアップ(マリン)を用いた特別生産品を発売致しましたが、今回はその第2弾として、また異なるカラーリングによる魅力的な革小物6種を製作致しましたので、ご紹介をさせて頂きます。

 

 

 

013.jpg

<直営限定・シェルコードバン×型押しサドルシリーズ第2弾>

●多機能コインケース・コードバンTONGUE・・・27,000円(税込)

●ミニ財布・コードバンPALM・・・36,180円(税込)

●小型三つ折り財布・コードバンENO・・・66,420円(税込)

●小銭入れ付き二つ折り財布・コードバンGROUNDER・・・52,920円(税込)

●二つ折り純札・コードバンWINGS・・・35,640円(税込)

●大型長財布・コードバンWAVE・・・86,400円(税込)

 

 

 

001.jpg

外装には高級感と迫力を備えたシェルコードバン(ブラック)を、内装にはシックで品のある型押しのサドルプルアップ(バーガンディ)を用いており、ステッチにはシルバーグレーを合わせています。

 

002.jpg

それぞれの皮革の経年変化も愉しみな、落ち着いた大人の雰囲気が漂うシリーズに仕上がっています。

上記の6モデルは数量限定の特別生産品として、C.O.U.銀座店、C.O.U.京都店、C.O.U.オンラインショップの直営3店舗にて5月27日(土)より発売を致します。

 

それでは早速一つ目のアイテムからご覧下さい。

 

003.jpg

●多機能コインケース・コードバンTONGUE・・・27,000円(税込)

 

WILDSWANSのアイコンとも言える定番中の定番コインケースです。

収納場所を選ばないコンパクトなサイズとシンプルな機能性の為に汎用性が高く、広いシーンでご使用頂くことが出来ます。

 

 

 

004.jpg

本体の背面にはカードポケットを備えます。

クレジットカードやショップカードなどの他、ICカードを収納すれば定期入れとしても便利なアイテムです。

 

 

 

005.jpg

フラップを開くと内装が現れます。

内装はそのままコインケースになっており、素早く出し入れが出来ます。

 

 

 

007.jpg

ケース内部にはモデル名の由来にもなっている革の仕切りが設けられており、畳んだ紙幣やカード類を挟み込むことで硬貨と分けて収納する事が出来ます。

通常のTONGUEであれば前胴部分に捺される刻印が、今回はこの仕切りパーツに捺されています。

 

WILDSWANSの代表的なモデルであるTONGUEは、シンプルで携帯性に優れているために単なるコインケースとしての用途以外にも様々にお使い頂ける機能的なコインケースです。

 

 

 

008.jpg

●ミニ財布・コードバンPALM・・・36,180円(税込)

 

先程のTONGUEに次いで携帯性の高いモデル・PALMです。

TONGUEとの大きな違いは札室を備えている点で、コインケースというよりは小型のお財布としての意味合いが強いアイテムです。

 

 

 

009.jpg

背面にはポケットを備えており、こちらもTONGUEと同様にカード類を納めることが出来ます。

フラップを開かずに出し入れが出来ますので、使用頻度の高いカードの収納にも便利です。

 

 

 

010.jpg

フラップを開くとコインケースが顔を出します。

ケース内部には革の仕切りが付属し、カード類を挟み込むことで硬貨と分けて収納する事が出来ます。

 

 

 

011.jpg

フラップの裏側にもカードサイズの収納スペースを設けておりますが、ホックの裏側に当たる部分のためにプラスチック製のカードは破損が起こる可能性がございますので、紙のカードや領収書などの収納がお勧めです。

 

 

 

012.jpg

本体側面には札室が設けられており、一万円札がピッタリと納まるサイズです。

PALMは片手に収まるコンパクトなサイズながら、お財布の機能をしっかりと備えたミニ財布です。

メインのお財布として用いたり、またちょっとした外出用のサブ的なお財布として、その携帯性を活かした様々な使い方をして頂けます。

 

 

 

014.jpg

●小型三つ折り財布・コードバンENO・・・66,420円(税込)

 

折り重なるように密集したパーツが形作る丸みと厚みがWILDSWANSらしく、見た目以上の迫力を持っています。

内装の収納部を様々な箇所に設けることで厚みをバランスよく分散し、コンパクトさを保ちつつも収納力を高めたアイテムです。

 

 

 

015.jpg

外装の皮革は継ぎ目の無い一枚革が本体をぐるりと一周しており、フラップのホックを外すと内装が現れます。

内装は限られたスペースを最大限活用出来るよう、カード段やコインケースが整然と配置されています。

 

 

 

016.jpg

内装は大まかにカード段とコインケースに左右で分かれており、ご覧頂いている画像はカード段側です。

 

 

 

019.jpg

カード段は立体的な構造になっており、縦方向に1つ、横方向に2つと合計3段のカード段が備えられています。

加えてカード段の裏側には2つのマチ無しポケットが前後に重なって取り付けられています。

前後のポケットは独立しておりますので、左右から収納したカード類が中で混ざってしまうようなことはありません。

こちらのポケットは名刺よりも一回り大きなサイズですので、手前のカード段に入り切らないカードの他、メモやチケットなどの収納にも便利です。

 

 

 

018.jpg

内装の右半部はコイン収納部になっており、フラップ式のコインポケットが設置されています。

ポケットの内部には仕切りが設けられているため、カード類やクーポンチケットなどを硬貨と分けて収納する事が出来ます。

 

 

 

017.jpg

コインポケットの裏側にもマチ無しのポケットを備えており、こちらにもカード類の収納が可能です。

 

 

 

022.jpg

ENOは本体の側面に札室を備えています。

手のひらサイズのENOですが、3つに折り畳まれた札室は約19cmの長さを確保しておりますので、出し入れもスムーズに行って頂けます。

 

コンパクトなサイズながらもギュッと凝縮された革パーツの密度の高さから、サイズ以上の重量感や存在感を放つENO、収納力も優れており、様々な箇所に設けられたポケットにより細かい仕分けも可能なアイテムです。

 

続きます。

 

 



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode