Pre Spring 2017/音楽を愉しむ・2017年2月

立春が過ぎた頃から春らしい陽気がちょっとずつ感じられるようになってきました。

毎年思うことですが、この時期になると今年は去年よりきっと良い年になるという根拠の無い自信がわいてくるのですが、これも暖かな日が増えてきたことで自然とポシティブ思考になるのかもしれません。

また運気も節分を境に切り替わるそうです。「2017年の運勢は…」なんて占いを聞くと元旦から新しい年の運気に切り変わったと思われがちですが、正確には立春の日が立ち上がりのようです。

 

なにはともあれ、ようやく寒い季節も終わりに近づき、あとひと月後には桜の下でお花見ができると思うとワクワクしてきます。

そこで今回は本格的な春が待ちきれないこの季節、一足先に春を感じられる疾走感あふれる音楽を紹介したいと思います。

先月につづいて最近立て続きにリリースされるスペシャルな再発盤の中から、個人的に大好きなレアグルーヴ編です。

 

 

 

IMG_7525.JPG

PUSH / Back To Scales To-Night (1977-1978年)

まずはいまだ興奮冷めやらぬアナログ盤リリースとなりましたシアトルのソウルバンド「プッシュ」です。

このバンドは77年頃にたった1枚だけ7インチシングル盤をリリースして消えていった正体不明の存在でしたが、クオリティの高さが後にレコードマニアの間で話題となり1000〜2000ドルといった高値で取引されるようになりました。

現物を一度も見たことはありませんが、2011年に未発表曲含めた編集盤CDがリリースされ虜になってはや5年、ついに待望の初LP化という奇跡が昨年末に起こったのです。

ウエストコーストの風を感じる疾走感とファンキーなグルーヴはやはりアナログ盤で聴くと最高なのですが、リリースされてひと月も経たないうちに店頭から姿を消しました。

聞くところによると限定300枚のプレス数だったようで、僕も1月後半にさしかかった時に必死で探してかろうじて手に入れました。

そんな訳あって興奮しているのですが、あらためて聴くと爽快で新しい季節にはテンションが上がります。

ぜひCDでも聴いていただきたい一枚です。

 

 

 

IMG_7522.JPG

Archie James Cavanaugh / Black and White Raven (1980年)

つづけてこちらも先日初7インチレコード化と話題、アーチー・ジェイムス・キャヴァナーというアラスカの先住民族の末裔が80年に録音してリリースしたとされる自主制作盤です。

アラスカというと寒いイメージですが、内容はグルーヴィーで爽快なメロウソウル・AORです。

夏にドライブがてら聴くのが一番気持ち良いのですが、もう待ちきれずフライング気味での紹介になってしまいました。

初めて知ったのはもう10年以上前だったのですが、初CD化された時に知り合いの音楽マニアが僕の好みを知ってか、もの凄く興奮して薦めてくれたのがきっかけでした。

当時トロピカルな音楽や、夏のムードたっぷりなシティポップ、AOR、リゾート音楽を好んで聴いていた時期でしたので、暖かい南風を感じるこのアルバムは一聴して気に入ってしまいました。

まだ本格的な春も訪れておりませんが、一足先にそんな気分を堪能したい方にお勧めです。

 

余談ですが先日オリジナル盤のLPは4万円の値段で売られていました。

さすがにそこまではなかなか無理ですね(笑)

 

 

 

IMG_7524.JPG

V.A. / Aloha Got Soul (1979-1985年)

最後に紹介のこちらは南国ハワイで70年〜80年代にかけて録音リリースされたソウル、AOR、ディスコミュージックのコンピレーションアルバムです。

いったい今オリジナル盤はいくらするのかというほどの激レア曲がたくさん収録されています。

ハワイの暖かい風が吹き抜ける疾走感あふれる曲ばかりでどの曲も素晴らしい内容です。

山下達郎の夏の名曲「Sparkle」のカバーなんかも入っています。

世界の音楽マニアが注目する新しいレーベルAloha Got Soulが手掛けていることでも昨年話題になったアルバムですが、このリリースの方法が素晴らしいのです。

アナログ好きの人間は新譜がCDとレコードの両方で発売された場合、使うシチュエーションを考えどちらを買おうか毎回迷ってしまうのですが、このレコードにはなんと同じ内容のCDもジャケなしですが封入されているのです。

まだまだハワイには素晴らしい音楽がたくさん眠っています。

Aloha Got Soulには今後も注目です。

 

以上、春が待ちきれないこの季節におすすめの3枚でした。次回はようやく春本番です。

今回とはまた趣旨の違う春におすすめの音楽を紹介できればと思っております。



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode