ショルダーバッグ・パパスショルダーについて 12

1

ル・ボナーのパパスショルダーをご紹介致します。

WILDSWANSの直営店であるC.O.U.は、セレクトショップとしてWILDSWANS以外のブランド製品も様々にお取扱いしております。

その中で、今回は神戸の鞄屋さん、ル・ボナーの名作ショルダーバッグ・パパスショルダーをご紹介致します。

パパスショルダーは今から10数年前にル・ボナーのご主人である松本さんがご自身で使用される為に開発されたショルダーバッグで、今やル・ボナーのメンズバッグの象徴ともいえる名作としてC.O.U.でも常に高い人気を誇るアイテムの1つです。

 

 

PAPAS5.jpg

元々はメイン素材にイタリアのタンナー、バダラッシ・カルロ社のミネルバボックスを用いたバッグであり、現在でもミネルバボックス製のパパスショルダーは製作されておりますが、今回は外装にドイツのタンナー、ペリンガー社のシュランケンカーフを用いたパパスショルダー(C.O.U.ではSC−パパスショルダーとして区別しています。)をご紹介致します。

 

 

 

PAPAS6.jpg

ショルダーバッグ SC-パパスショルダー  70,200円(税込)

 

劇的な経年変化を起こすミネルバボックスとは反対に、シュランケンカーフは発色の素晴らしさや、一点一点表情の異なる自然なシボ(皮革表面の凹凸)が長い間変化せずに保たれるという特徴を持った皮革で、見た目の上品さや美しさに加え、ふっくら・もっちりとした質感を楽しみながらお使い頂ける素材です。

 

 

PAPAS.jpg

ル.ボナーでは個性的でありながら人の生活にピッタリと沿うような使い易さを持った数々のバッグが製作されていますが、そのどれもが皮革の持つ弾性や粘り、ハリやコシなどを巧みに利用した立体感を持って設計されており、優しく温かみのある雰囲気が大きな魅力となっています。

パパスショルダーに関しても例外なく、優れた使用感と共に体にフィットする快適さや安心感があり、一度使えば手放せなくなってしまうバッグです。

 

 

 

PAPAS2.5.jpg

外観は非常にシンプルで、それだけに皮革の素材感はより一層強く表れており、様々な箇所からシュランケンカーフの弾力が生き生きと伝わって来るようです。

 

 

 

PAPAS8.jpg

外装の正面に当たる部分にはホック式のフラップが設けられており、これを開くことで内側のファスナー式のマチ無しポケットが顔を出します。

ホック、ファスナーと2重の金具で守られたポケットですので、外側に位置してはいるものの貴重品の収納にも安心です。

ポケットの内部に使用されている深緑色の素材はピッグシルキーと呼ばれる豚革のスウェードで、なんとフラップの裏側にまで使用されています。

本体の内装にも同様にピッグシルキーが用いられておりますので、本当の意味でのフルレザー仕様となっており、高級感のある見た目と共にスウェードならではのしっとりと滑らかな手触りをお楽しみ頂けます。

素材やカラーを問わず、パパスショルダーの内装には全てこのグリーンのピッグシルキーが使用されています。

 

 

 

PAPAS7.jpg

ショルダーストラップはストラップのバックルを調整することで内径が約100cmから155cmまで自由に調節可能で、またストラップには本体と同じくシュランケンカーフが使用されており、一体感と高級感を損なわない設計になっています。

ストラップの裏地には生地テープがあしらわれ、肩掛けの際の滑りを抑えると共に汗等の湿気による移染についても考慮されています。

 

 

 

PAPAS9.jpg

メインの収納部にも贅沢にピッグシルキー(スウェード)が敷き詰められています。

シンプルでミニマルなデザインのために一見すると小振りに見えるパパスショルダーですが、A4のファイルや雑誌も収納が可能なしっかりとした容量を備えております。

また、内装片側には二連のオープンポケットを、反対側にはファスナー式のマチ無しポケットがそれぞれ配されておりますので、小物や貴重品の収納・仕分けも容易に行うことが出来ます。

 

 

 

PAPAS4.jpg

素材である皮革の持つ魅力と道具としての使用感や操作性が融合し、非常に完成度の高いショルダーバッグに仕上げられたパパスショルダー。

素材感の強いアイテムですので、シュランケンカーフの品のある発色やふっくらとした質感も同時にお楽しみ頂ける、ル・ボナーの名作です。

 

 

PAPAS3.5.jpg

今回ご紹介致しましたパパスショルダーは、C.O.U.銀座店、C.O.U.京都店、C.O.U.オンラインショップにてお取扱いをしております。

 

興味をお持ち頂けましたら是非ご覧下さいませ。



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode