Merry Christmas 2016/音楽を愉しむ・2016年12月

早いもので2016年も残すところあと3週間になりました。

この時期、二十四節気では「大雪」にあたり、雪が激しく降り始める頃ということで、いよいよ本格的な冬の訪れとなりました。

 

 

 

TEST.jpg

各地でイルミネーションが綺麗ですが、風邪などひかないようお体にはお気をつけて楽しいクリスマス、年末をお過ごしいただけたらと思います。

 

そしてクリスマスにはやはり気分を盛り上げる音楽が重要ではないでしょうか。

街では耳馴染みのある音楽がたくさんかかっていますが、今回はよくあるクリスマスソングでは満足できない、今年はちょっと変わったムードにしてみたいという方におすすめの3枚を紹介致します。

 

 

 

IMG_6655.JPG

V.A. / Ghosts of Christmas Past(薄明かりのクレプスキュール・クリスマス)

こちらは1981年にベルギーの音楽レーベル「クレプスキュール」よりリリースされたクリスマスのコンピレーションアルバムです。このレーベルは当時感度の高い音楽ファンが夢中になったネオアコやエレクトロ、ミニマルミュージックのミュージシャンが多く所属し、一風変わった遊び心のある音楽センスに満ちあふれていました。

クレプスキュールという言葉もフランス語で黄昏という意味で、首都ブリュッセルの美しい町並みの夕暮れ時をついつい想像しながら聴いてしまいます。

そんなレーベルから発売されたクリスマスアルバムはこれがクリスマスなの?と驚いてしまうほどクリスマスを全く別の視点からとらえた斬新な内容です。

都会の喧噪から離れ中世の建物が残るヨーロッパの古い静かな町並みなんかを想像しながら聴くと、12月のヨーロッパを旅している気分が味わえて心がウキウキしてしまいます。

静かな曲もあれは時にアバンギャルドな曲もありますが、全てに品があり小洒落た雰囲気を演出してくれます。

何か新しいクリスマスソングがないかお探しの方には是非聴いてみていただきたいアルバムです。

 

 

 

IMG_6658.JPG

Duke Pearson / Merry Ole Soul (1969年)

こちらはデューク・ピアソンというジャズピアニストがピアノトリオ編成で残した旧ブルーノートレーベルで唯一のクリスマスアルバムです。

ブルーノートレーベルは1939年に創業のジャズの名門レーベルで、モダンジャズのトップメーカーとして数多くのジャズマンを世の中に輩出し、1940年代〜1960年代にかけて多くの名盤をリリースしてきました。

1970年代に一旦活動を休止するまでを旧ブルーノート、1985年活動再開以降を新生ブルーノートと区別されています。

近年はジャズにとどまらずヒップホップやR&B等バラエティに富んだ作品を多くリリースするレーベルとなり、より幅広いファン層を魅了しています。

そんなブルーノートレーベルですが、ジャズの名盤をたくさん世に放っていた旧ブルーノート時代に、クリスマスアルバムがこの一枚しかリリースされていないのは驚きですが、ただ乱発するのではなく、良質な作品にこだわるブルーノートの丁寧な仕事ぶりがうかがえる一枚となっています。

ジャズっぽい雰囲気のクリスマスアルバムを聴きたいなと思って探すと、実は意外にもピアノのインストものがあまりなく、クリスマススタンダードを歌い上げるヴォーカルものばかりになってしまいます。

ヴォーカルものももちろん良いですが、もう少し落ち着いた大人っぽいムードで過ごしたいという方におすすめの一枚です。

 

 

 

IMG_6657.JPG

Booker T. & The MG’S / in the Christmas Spirit(1966年)

最後に紹介のこちらは大御所ソウルバンドのブッカー・T & ザ・MG’sのクリスマスの名盤です。

昨年このブログでも紹介させていただきましたソウルミュージックの名作クリスマスコンピレーションアルバム、ソウル・クリスマスにもこちらのアルバムから3曲収録されていますが、あまりにも素晴らしいアルバムなので今回はフルで聴いていただけたらと思います。(このソウル・クリスマスは忌野清志郎さんが生前著書でお気に入りとして取り上げておりました。こんなに素敵な音楽を教えてくれてありがとう!)

このバンドはオルガン奏者のブッカー・T・ジョーンズを中心に1962年に結成され、アメリカの名門スタックス・レコードの専属のスタジオバンドとしてオーティス・レディング、ウィルソン・ピケット等の大御所のレコーディングを行ってきました。

バンドのオリジナルでも数多くのヒット作をリリースしており名実ともに偉大なグループです。

ブッカー・Tによるハモンドオルガンをフィーチャーしたシンプルな演奏なのですが、バックのリズム隊の演奏が素晴らしく、ハモンドオルガンの音色をこれ以上にないほどに際立たせ、最高のクリスマスを演出してくれます。

良いライブ演奏を目の当たりにすると自然と体が動き出しますが、CDを聴いてこんなに楽しく心が躍るクリスマスはなかなかありませんので是非聴いていただけたらと思います。

 

以上2016年クリスマスにおすすめの3枚を紹介させていただきました。

今年も1年間お付き合いいただきましたありがとうございました。

皆様、お体にお気をつけて良い年末をお過ごしください。

 

来年2017年もどうぞよろしくお願い致します。



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode