2WAYボディバッグ・RIGID(リジッド)について 1

1

新作ボディバッグのご紹介です。

003.jpg

WILDSWANSではショルダーバッグやボディバッグのラインナップとして、これまでにもCOLLIERPISTEAegisといったモデルを展開しておりましたが、この度RIGID(リジッド)というモデルが新たに加わり、12月1日(木)より発売を開始させて頂くことになりましたのでご案内をさせて頂きます。

 

 

 

005.jpg

2WAYボディバッグ・RIGID    59,400円(税込) 

カラー:ブラック、ネイビー、トープ、バイオレット

サイズ:W31×H16×D7cm   

重量:約750g

 

外装には高級感のあるドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフを贅沢に使用しており、曲線を活かしたスマートなデザインと相俟って知的でエレガントな印象を持ったアイテムです。

 

 

007.jpg

シュランケンカーフは特別なお手入れも必要とせず、一般的な皮革と比べて水や汚れ、傷にも強い性質の素材ですので、デイリーユースに非常に適した素材です。

また、収納力や実用性に関しても時間を掛けてしっかりと練り込まれており、様々な方に様々なシチュエーションでお使い頂けるモデルに仕上がっています。

 


011.jpg

本体は上部にフラップを設けたボックス状の造りになっています。

直線と曲線を組み合わせ、スタイリッシュであると共に柔らかさや温かみも伝わって来るWILDSWANSらしいデザインに仕上がっています。

 

 

 

012.jpg

こちらは本体の背面になります。 フラップを支えるベルトは背面中央の部分から伸びており、フラップに沿って正面まで続いています。

また、ベルトの起点からやや下の部分にはマチ無しのポケット(約W28×H12cm)を備えています。

こちらは唯一フラップを操作しなくてもアクセスできるポケットになりますので、スマートフォンやパスケースのように素早く出し入れをしたい小物の収納に適しています。

 

 

 

013.jpg

ポケットは口元に取り付けられたマグネットによりしっかりと閉じられることに加え、使用中はポケット部分が体に密着していることになりますので、本体の外側に付属していながらも安心感のあるポケットです。

 

 

 

014.jpg

こちらはRIGIDの側面です。

底面部分に角度を付けた特徴的な形状をしています。

身体のラインに沿うようなエッジにより、掛けた際のシルエットをスマートに見せる効果を持ったデザインです。

更にこの形状はそれぞれの角が直角であった場合に比べて本体がアーチ状にしなりやすく、フィット感を向上させるという利点も備えています。

 


015.jpg

画像のように本体のフラップ部分には下から金具を通す穴が開けられており、この金具に本体背面から伸びるベルトを通すことでフラップを留めています。

スッキリとシンプルなデザインですが、強風に煽られたり誤ってどこかに引っ掛けてしまった際にもフラップが開いてしまうようなことは起こりにくく、荷物を入れて本体が膨らむ程にしっかりと固定されます。

また、この機構の最大の利点は片手で容易にフラップの開閉が行えることにあります。

指でベルトを引き抜いたらあとはフラップを跳ね上げるだけでメインポケットにアクセスが出来るため、ストレスの無い操作性を実現しています。

 

 

 

016.jpg

フラップを開くと現れるメイン収納部は、YKK社のエクセラを使用したファスナーポケットになっています。

WILDSWANSのファスナーを持つ製品では一部のモデルを除けば標準装備となっているこのエクセラファスナーは、エレメント(務歯)の一つ一つを研磨して仕上げられているため、滑らかな引き心地と高い耐久性が特徴のファスナーです。

 

 

 

017.jpg

ファスナーにはロゴ入りのオリジナルの引手が取り付けられており、滑りにくく力が入りやすい形状になっています。

また、本体の両側面にはツマミが設置されていますので、このパーツを掴んだままファスナーの開閉を行う事でスムーズに開閉することが出来ます。

 


018.jpg

本体の前面にはマチ無しのポケット(W23×H10cm)が設置されており、こちらにもスマートフォンなどあまり厚みの無い小物の収納が可能です。

このポケットは口元にマグネットやファスナーが付属しないオープンポケットの形状ですが、本体のフラップが蓋と同様の役割を果たしますので、文庫本やマップなどポケットのサイズより少し大きな物も収納が出来ます。  

 

 

 

019.jpg

メインポケットは1室構造となっており、奥に当たる面にW17×H9cmのマチ無しポケットを1箇所備えています。

内側は広々としており、たっぷりとした容積を備えておりますので、身の回りの小物を様々に収納する事が出来ます。

 

 

 

020.jpg

容量の目安として試しにペットボトルを入れてみましょう。

500mlのペットボトルを2本収納してみましたが、上下左右にまだまだ余裕があります。

 

 

 

021.jpg

今度は約1L(930ml)のペットボトルを2本収納しました。

2本を収納するとメインポケットはほぼ隙間が無い状態になりましたので、容積としては2Lを僅かに超えるサイズとなっています。

勿論この状態でも外側2箇所のポケットは使用できますので、外出時の小物の収納に十分な容量を備えていることが分かります 。

 

 

 

022.jpg

次はちょっとした外出に必要なアイテムを収納してみました。

 

 

 

024.jpg

中に収納していたものはこちらです。

【外部ポケット(前面)】

文庫本

 

【外部ポケット(背面)】

コインケースとスマートフォン

 

【メインポケット】

長財布、B6サイズ手帳カバー、キーケース、名刺入れ

 

以上7点を収納していました。

 

 

 

023.jpg

メインポケットは上記4点を収納した状態で少し余裕がありますので、小さな物であれば まだいくつか収納することが出来そうです。

このように収納量はたっぷりと確保されておりますので、時期や場所、目的に応じて幅広く柔軟にお使い頂けることがRIGIDの強みです。

 

続きます。



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode