C.O.U.京都店4周年記念・リスシオWalkersシリーズについて 1

20120603_1172287.jpg

C.O.U.京都店4周年記念アイテム、ミネルバリスシオを使用したWalkersの新シリーズのご案内、その1です。

 

ドメスティックブランド・CORBO.(コルボ)のデザイナー・古瀬氏とWILDSWANSとのコラボレーションによって2013年に誕生致しました革小物、Walkersシリーズ。使っていただく人を一番に想うデザイナー・古瀬氏の気持ちが強く表れたシリーズで、操作性を追求したことで生まれるユニークなデザインやディテール、そしてそこへWILDSWANSならではの堅牢な作りが加わり、機能美と耐久性が融合した独自のシリーズとなっております。

このシリーズは、一歩一歩着実に進んで行きたいという願いを込めて「Walkers」という名が付きましたが、早いものでシリーズが誕生してから、もうすぐ3年が経過しようとしております。

 

IMG_7998-2.jpg

C.O.U.京都店には大きな焼き物の器があるのですが、このWalkersシリーズ誕生から遡ること更に1年程前、2012年に京都店がオープンする際に、お祝いとしてこの大きな陶器の鉢をプレゼントしてくださったのが、CORBO.のデザイナー・古瀬さんでした。

この器は京都店のスタッフにとりましてもオープンから共に歩んできた存在であり、様々な出会いや出来事を一緒に見てきた相棒のようなものでもありますので、それ故に古瀬氏とのコラボレーション・Walkersシリーズもまた、とても思い出深いシリーズとなっております。

 

P8220705.JPG

そんなWalkersシリーズの製品は、現在までにベルギーの皮革・サドルプルアップクロコダイル素材でリリースされて参りましたが、この度C.O.U.京都店の4周年を記念して、新シリーズとしてイタリアのタンナー・バダラッシーカルロ社のミネルバリスシオと呼ばれる皮革でも製作される運びとなりました。

 

ミネルバリスシオは始めは光沢も無くマットなのですが、バダラッシーカルロ社の革の中でもひと際美しいエイジングを見せる革種であり、比較的短期間で劇的な変化を見せることでも有名です。使い込んだ時に見せるアンティーク風の豊かな表情としっとりした滑らかな手触りは、革好きの方も唸らせるほどの質の高い牛革となっております。

この度の素材ではコルボヴェルデと呼ばれる深いグリーンの色と、コッチネラと呼ばれる赤茶色の2色をご用意し、コルボヴェルデにはサドルプルアップのキャメルを、コッチネラには同じくサドルプルアップのチョコレート色を合わせています。ちなみにコルボヴェルデはCORBO.オリジナルカラーであり、大変魅力的な深いグリーンです。

なおファスナーからホックに至るまで全て金色の金具が使用され、今までの定番品には無かった豪華な印象の仕様となっております。

 

P8220708.JPG

<リスシオWalkersシリーズ>

ラウンドファスナー式大型長財布・ML kf-001・・・・・・・59,400円

ラウンドファスナー式中型長財布・ML kf-002・・・・・・・59,400円

コンパクトミニ財布・ML kf-003・・・・・・・25,920円

コインケース付きパスケース・ML kf-005・・・・・・・19,440円

 

こちらのシリーズは8月27日(土)よりC.O.U.各店の他、CORBO.さんの店舗及びオンラインショップにて同時に発売致します。またこちらのシリーズは限定品ではなく定番品として、今後も継続して販売していく予定でおります。

 

 

それでは一点ずつアイテムの詳細をご案内させていただきます。

kf-001 (10).JPG

●ラウンドファスナー式大型長財布・ML kf-001・・・・・・・59,400円(税込)

 

まるで革の塊のように、ずっしりとした重量を感じさせるラウンドファスナー式の長財布・kf-001です。

素材の特徴が際立つとてもシンプルな外観で、オイルをたっぷりと含んだミネルバリスシオのしっとりとした手触りと細部に渡るWILDSWANSの丁寧な仕上げにより、艶やかな中にもどっしりと落ち着きのある、非常に端正な雰囲気を醸し出しております。

 

kf-001 (1).JPG

ラウンドファスナー式の長財布・kf-001では、外観上の大きなアクセントとして、またデザイン上でも大きな特徴となっているのがこのriri社のTOP(トップ)ファスナーです。

エレメント(務歯)の端にヒレのように延長された部分があり、スライダーがこの上を通ることで台布の摩耗を抑える形状になっています。エクセラファスナー同様にエレメント(務歯)の1つ1つを丁寧に磨き上げて作られており、非常に精密かつ頑丈な作りが特徴のファスナーです。金色に輝くファスナーがまたゴージャスな雰囲気です。

 

さて、このファスナーを開き内装を見てみますと・・・

kf-001 (2).JPG

シンプルな外観に対して内側は、サドルプルアップによる革貼りが施されたとても豪華な内装となっています。

収納スペースを分類致しますと、札室などに相当する折れマチ付きの大部屋の札入れ室が合計3室、そして細かなモノを収納出来るマチ無しの小部屋が中央辺りと両端合わせて合計3室、カード段が両サイドに配置され合計12段、更にファスナー式の大きめのコインポケットが1室となっております。

 

kf-001 (9).JPG

折れマチの付いた3つの大部屋の札入れ室はどれも横幅に余裕があり、扇型に口を大きく開きますので、視認性も高く、紙幣を容易に出し入れ出来ます。

 

kf-001 (4).JPG

また、中央に位置するマチなしの小部屋の口部分では、ふっくらと弧を描くような革パーツで製作しているため、出し入れする際の指の掛かりも良く、とてもスムーズに収納物の管理が出来ます。

ちょっとしたことですが、使い勝手の面でとても役立つ重要なポイントです。

 

kf-001 (5).JPG

大部屋の内部に配されたカード段を見てみますと、片面に6段ずつ配されていますので両端で合わせますと合計12段と、とても豊富にカードを分けて収納していただけます。

このカード段はお使い始めのうちは革の張りが強くございますが、ご使用いただくにつれて革が馴染み、だんだんと使いやすくなって参ります。

 

kf-001 (8).JPG

中央には大型のファスナー式コインポケットが備えられており、このコイン室部分もriri社のファスナーで、SIMMETRICA(シンメトリカ)ファスナーと呼ばれる種類を採用しております。

引手の裏側には爪状の突起が設けられており、引手を倒した状態ですとロックがかかる構造となっております。この機能により内装の引手が動き回ることなく、内側から外装のファスナーに引っかかってしまうといったトラブルを軽減致します(※なお引手を立たせた状態では外側のファスナーと干渉してしまいますので、お財布を閉じる際は必ず引手を内向きに寝かせてから外側のファスナーを引いてご使用くださいませ)。

 

kf-001 (6).JPG

コインポケット内部もサドルプルアップによる革張りが施されており、とても贅沢な仕上げとなっております。片マチ仕様で広くスペースをとっているためコインを入れても間口が大きく開きますのでコインを探すのも容易になっております。

 

kf-001 (12).JPG

充実した機能と考えられたディテールにより、非常に実用性の高いラウンドファスナー長財布となっておりますkf-001。

使い勝手の良い従来の操作性はそのままに、ゴールドファスナーの豪華さと、ミネルバリスシオの艶やかさを携えての登場です。

 

 

 

kf-002 (1a).jpg

●ラウンドファスナー式中型長財布・ML kf-002・・・・・・・59,400円

 

続きまして、こちらも同じくラウンドファスナー式の長財布ですが、kf-001よりも長さが1cm程度短いややコンパクトなサイズのkf-002です。

オリジナリティ溢れる独自の内装が特徴で、WILDSWANSの作りとCORBO.・古瀬氏の感性が合わさった独特な世界観が色濃く反映されたモデルです。

 

kf-002 (4).JPG

外側に配されたラウンドファスナーは、kf-001と同様にriri社のTOP(トップ)ファスナーを使用しております。

精密でメカニカルなエレメント(務歯)がやはりとても印象的で、外観での重要なポイントとなっております。

 

このファスナーを開き、内側を見てみますと・・・

kf-002 (5).JPG

kf-001とはまた異なる雰囲気の、非常に凝った構造の内装が目に飛び込みます。

内側はサドルプルアップによるゴージャスな内装となっており、一見しますとラウンドファスナー財布というよりも、システム手帳やオーガナイザーのような雰囲気も感じさせます。

 

早速片側から仕様を見て参ります。

kf-002 (6).JPG

こちらの面には、刻印の押された帯状の特徴的なパーツが備えられております。

マチ無しポケットのように見えますが、実は下の方が縫い留められておらず、いわばベルトのような状態のポケットとなっております。縫製が入らないことで、お財布の最下部までスペースが突き抜けますので、大きめのチケット類やパスポートなども差し込んでおくことが可能です。アイデア次第で用途が広がる、汎用性の高い収納機能となっております。

 

kf-002 (7).JPG

帯状パーツのある面の向かい側にはカード段のあるパーツがあり、縦方向に計7枚のカードが収納可能です。

またサイドの矢印の部分はマルチポケットとなっており、このポケットも横幅がたっぷりありますので、多目的にお使いいただけるポケットとなっております。

 

このカード段のパーツは、本のページのように動きますので・・・

kf-002 (8).JPG

パタンと倒して裏側の面も活用することが出来ます。

裏側を見ますと、この面にも矢印の部分にマルチポケットが付いておりますので、お財布には収まりにくいような不定形の細々としたものを両面で仕分けしますと非常に便利です。

 

そしてこのマルチポケット向かい側に配されているのが・・・

kf-002 (9).JPG

折れマチの付いた大きなメインの札入れ室です。

お財布本体のサイズはコンパクトに収められながらも、紙幣はしっかりと収納出来る札入れ室のサイズです。

 

kf-002 (9a).JPG

手前にはマチなしのポケットがあり、ここにも紙幣を収納することが出来ますが、領収書や大きめのメモなどもしっかりと入るスペースになっています。多くの小分けポケットのあるkf-002ですので、ジャンルや用途ごとに少しずつ区別しながら収納していただけます。

 

kf-002 (10).JPG

このポケットのすぐ隣には、片マチ仕様にて間口がしっかりと開き、広さも十分に確保されたファスナー式のコインポケットがございます。2つ折り財布などと比べますと大きなコインポケットが利用出来るのは、やはり長財布や中型財布の大きな利点です。

こちらもriri社のファスナーで、引手のロックが可能なSIMMETRICA(シンメトリカ)ファスナーを採用しております。

 

kf-002 (11).JPG

そしてマチのある大部屋を挟んで一番奥の面を見てみますと、ここにもマチ無しのポケットが付属しています。

こちらもまた領収書やポイントカードなど細々したモノを整理するのに、非常に便利なポケットです。

 

kf-002 (12).JPG

このように、kf-002は多様性に富んだ様々なポケットが幾つも付属した、個性的なラウンドファスナー型財布となっております。

 

kf-002 (2).JPG

男心をくすぐるようなガジェット的な内装と、重厚でありながらも機能性に富んだ仕様が特徴のラウンドファスナー式のお財布・ML kf-002。

絶妙なサイズ感が秀逸なこちらのお財布も、ミネルバボックスバージョンとして登場致します。

 

 

 

続きます。

 

 

 

 



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode