ブリーフケース・LANCELOT(ランスロット)について 4

1
LANCELOTが装いを新たに登場致します。
005.jpg
ブリーフケース・LANCELOT(ランスロット) 108,000円(税込)
(サイズ:W43×H41×D9cm ※ハンドル含む   重量約1200g)
カラーバリエーションはブラック、ネイビーの2色です。

見覚えのある方もいらっしゃるかも知れません、このブリーフケースは過去にクレウス・エ・クルルスというドメスティックブランドが製作をしていた、LANCELOTというアイテムです。
当時はC.O.U.でもお取扱いをしており、スタイリッシュな外観や丁寧に仕上げられた造りの良さから高い人気を誇っておりました。
ところがこのクレウス・エ・クルルスというブランドが惜しまれながらも終了となってしまい、その結果LANCELOTも以降生産されることが無くなってしまいました。
そのような状況に際し、C.O.U.でもお取扱いをさせて頂いていた経緯や、未だに再販を望まれるお声も多いことから、C.O.U.のメインブランドであるWILDSWANSが今回このLANCELOTというモデルをクレウス・エ・クルルスから引継ぎ、素材や仕様等にブラッシュアップを加えた新バージョンとして発売することとなりました。
発売は2月26日(金)からとなり、C.O.U.銀座店、C.O.U.京都店、C.O.U.オンラインショップの直営3店舗にてお取扱いを致します。
それではディテールをご紹介して参ります。



003.jpg
敢えて過分な装飾を施さず、厚みを抑えたシンプルな外観は非常にスタイリッシュに映ります。
従来のモデルはメイン素材にドイツのワインハイム社のワープロラックスを使用しておりましたが、新バージョンでは同じくドイツのタンナーであるペリンガー社のシュランケンカーフに変更になりました。
LANCELOTはCIRCULOWEBBERといったガッチリと力強い雰囲気のビジネスバッグとは対照的に、素材のしなやかさや柔軟性を活かし、ゆるやかでくったりとした雰囲気を持たせたアイテムですので、適度な柔軟性と弾力を備えたシュランケンカーフは非常に相性の良い素材です。
水や汚れに強く、退色もほとんど見られない皮革ですので、季節や天候を問わずデイリーユースに適していることもポイントです。



006.jpg
ハンドル部分は基部のパーツである根革が斜めに設置されており、緩やかに湾曲を描いているのが特徴的です。
ハンドルの角度を浅くすることで手のひらにかかる荷重が分散され、長時間の持ち歩きにも疲れにくいように設計されています。
総重量は1.2kg程度の薄型のバッグでありますが実は意外な程の収納力を備えていますので、普段鞄を持ち歩くことが多い方にとっては特に嬉しい構造です。



007.jpg
本体の底面には底鋲を5点配置しています。
従来のLANCELOTにも底鋲が設置されていましたが、新たな仕様では底鋲が3mmから6mmへと倍の高さの物に変更されており、床に置く際にも底面が汚れにくいようになっています。



012.jpg
続いて収納部のご紹介を致します。 LANCELOTはメイン収納部の他に2つの大きな収納部を備え、前胴と背胴の外側にメイン収納部を挟むようにマチ無しの大ポケットが配置されています。
マグネットで開閉を行うこのポケットは、W35×H26cmとA4サイズの書類や雑誌が楽に入る大きさになっており、マチは設けられてはいないものの柔軟なシュランケンカーフは多少融通が利きますので、薄手のお財布やキーケースといった小物の収納も可能です。


017.jpg
メイン収納部とは異なりファスナーの開閉を行わずに出し入れが出来ますので、パスケースや新聞、雑誌など必要な時にサッと取り出したい物を収納すると非常に便利です。
また、メイン収納部から見て外側に位置しているポケットになりますが、持ち運びの際にはハンドルが内側に閉じようとする力が加わることで開閉口は常に閉じている状態になり、中の物が見えてしまったり、外部からの力で不用意にポケットが開いてしまうようなこともまず起こりません。
ただ完全に密閉されるわけではありませんので、激しい雨の日などにご使用頂く場合、濡らしたくないものは内側のメイン収納部への収納が安心です。



016.jpg
マチ無しポケットの内装にはピッグシルキーという豚革のスエードが貼られており、手触りの良さと見た目の高級感に加えて、収納した物にも余計な傷を付けずに優しく保護してくれます。



015.jpg
続いてメイン収納部です。
ダブルスライダーのエクセラファスナーを用いた仕様は従来と変わりませんが、ひよこ型の引手が今回からブランドロゴ入りの長方形の引手に変更されました。
先端に行くにつれて厚みを増した構造の引手はしっかりと指にフィットし、開閉もスムーズに行うことが出来ます。



008.jpg
ファスナーは上部から側面の中央まで伸びておりますので、開閉部は大きく開きます。
内装はコットン生地を使用した1室構造となっており、それぞれの側面に構造の異なるポケットが付属しています。



010.jpg
片方の側面にはホック開閉式のマチ無しポケットが配されています。
このポケットはW36×H20cmのサイズですので、A4サイズの書類などを収納すると少しポケットから頭を出しますが、ホックはしっかりと閉じて頂けます。


013.jpg
余裕を持った大きさのポケットですので、書類や書籍から手帳やメモ帳といった小物まで様々にお使い頂ける収納スペースです。



009.jpg
こちらは先程と反対側の側面の収納部になります。
W17×H22cmの片マチ式のポケットが左右に2つ並んで配置されています。
実は従来の仕様では片側のポケット部分にペンホルダーや小ポケットが付属していたのですが、今回の仕様からはこの部分を廃し、スッキリとした見た目のポケットに変更しています。
2つのポケットにはそれぞれ片側にマチが設けられているためにゆったりと容量があり、 手帳や文庫本、スマートフォンといったものから、鞄の中で散らばってしまいそうな細かい物まで様々な物を納めることの出来るポケットです。



011.jpg
メイン収納部は仕切りなどを設けていない1室構造になっており、ノートPCやファイルなど様々に収納が出来ます。



014.jpg
スリムながらしっかりとした容量を備えておりますので、DOCUMENTケースなどをそのまま収納することも出来ます。
クラッチバッグやドキュメントケースをバッグインバッグとして収納し、オフィスの中ではケースを取り出してそのまま持ち運ぶといった見た目にもスマートな使い方も可能ですので、書類を携えて社内を移動する機会の多い方は是非一度お試し下さいませ。




如何でしたでしょうか。
素材の質感を活かしゆったりと軽やかな雰囲気を持ったLANCELOTは、シンプルでありながらも機能性や独自性を追求した設計により、高い実用性とスタイリッシュさを兼ね備えた薄マチのブリーフケースです。


002.jpg
スタイリングの中にも溶け込みやすく、オールシーズンお使い頂ける汎用性の高さが魅力のアイテムとなっております。
今回ご紹介を致しましたLANCELOTは、C.O.U.銀座店C.O.U.京都店C.O.U.オンラインショップの直営各店にて2月26日(金)より発売を開始致します。

是非ご覧下さいませ。


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode