ブリーフケース・CIRCULO(サーキュロ)について 9

1
モダンでありながらもクラシックな印象も感じさせるブリーフバッグです。




ブリーフケース CIRCULO 89,100円(H370×W410×D120mm 重量約1500g)



CIRCULO(サーキュロ)はベルギー・マシュア社の堅牢な皮革であるサドルプルアップを贅沢に外装に用いた、WILDSWANSを象徴するような迫力に満ちたブリーフバッグです。
直線と曲線が絶妙に融合したフォルムは、モダンさとクラシックさが同居するような不思議な魅力に満ちており、一般的なブリーフケースには見られない特徴的な側面の形状など、一度見たら忘れないような強烈な個性を持っています。
個性的ながらも基本を押さえたベーシックな設計ですので、特にビジネスシーンにおけるスーツやジャケットスタイルに非常に相性が良く、ワンランク上の大人の雰囲気を演出してくれるアイテムです。



fbg660a.jpg
CIRCULOにつきましては人気の高いモデルということもあり、これまでにも幾度となくご紹介をしておりますが、どの位の荷物が入るのかという点についてご質問を頂くことがしばしばございますので、今回はCIRCULOの収納量について詳しくご案内をさせて頂きます。
スリムなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、実はCIRCULOはWILDSWANSのバッグ類の中でも取り分け収納量の豊富なバッグです。




CIRCULOの内装は非常にシンプルで、大部屋の中心に仕切りが設けられた2室の構造になっており、内装の収納スペースを最大限確保した設計になっています。
中心の仕切りにはファスナー式のマチ無しのポケットが付属しており、ポケット兼仕切りの役割を果たしています。




このマチ無しポケットは約W26×H19cmのサイズで、B6サイズの手帳やノートなどが余裕を持って収納出来る大きさです。
お財布や定期入れ等の収納場所としても便利なこのポケットは、手をバッグの底まで差し込まなくても出し入れが出来るよう、ポケットの底はメイン収納部の底面よりも6cm程上に位置しています。





この仕切りは両端のみが本体のマチ部分と繋がり固定されておりますが、底辺は縫い留めていない構造にしておりますので、前後に可動することが出来ます。
至って簡素な構造ではありますが、書類の仕分け等の際、それぞれの分量に対してフレキシブルに対応できるような仕様となっている点が、このバッグの内装での最大の特徴となっております。
なお仕切り下部と本体の底面は繋がっておりませんので、コインやカード等の薄いもの、細かいものは仕切りの底部を潜って2部屋を行き来してしまう可能性もございますので、どうぞご注意くださいませ。




可動式の仕切りを中心に据えた場合、それぞれの収納部のサイズは約W39×H29×D5.5cm(最大)となり、長さや高さはA4サイズより2回り程大きく作られています。 余裕を持たせた収納部のお蔭で書類やファイルの出し入れもスムーズに行うことが出来ます。 それぞれの収納部はマチ式の構造のために荷物の量によってマチが広がりますので、書類やノートといった薄いものから、手帳や筆記用具などの厚みのある物、更にノートPCをケースごと収納するというようなことも可能です。
お手持ちの荷物の収納に不安のある方は店舗にて実際にお試し頂けますので、是非ご利用下さいませ。




より幅の広い物を収納する場合には、このように仕切りを端に寄せることで大部屋1室として使用できます。
この状態であれば幅10cm程度の荷物が収納可能なため、分厚いファイルや畳んだ衣類、お弁当や水筒なども持ち運ぶことが出来ます。




モダンさとクラシックさが調和した、存在感溢れるブリーフバッグであるCIRCULO、 外観の迫力に加えて、内装は豊富な収納力を備えておりますので、ビジネスシーンでも安心してご利用頂けるアイテムです。

ご興味をお持ちのお客様は、是非ご覧下さいませ。

 


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode