C.O.U.銀座店7周年記念・ヒポポタマス(カバ革)シリーズについて 1


C.O.U.銀座店の7周年を記念した特別生産品、今回はヒポポタマス(カバ革)シリーズのご紹介です。
C.O.U.銀座店7周年を記念して製作されたWILDSWANSの特別生産品、先日のホーウィンコードバンシリーズに続きまして、今回ご紹介させていただきますのはヒポポタマスを使用したシリーズです。

ヒポポタマス。聞き慣れない上に舌を噛んでしまいそうなネーミングですが、正体はアフリカ大陸の淡水域に生息する水陸両性の大型草食性哺乳類、カバです。
動物園でもお馴染みのカバ(Hippopotamus amphibius)と言えば、愛嬌のある風貌やのっそりとした動きから、デフォルメや擬人化されてアニメやCMなどでも良く見かける、癒し系の動物というイメージがあります。



blg109.jpg
普段はのんびりと温和なカバですが、実際には体長3.5m、体重2500kg(=平均)まで成長し、軽自動車程のサイズながら時速30kmを超える速度で走る程の機敏さを持ち、縄張りを侵されたり、身の危険を感じた際には非常に獰猛且つ好戦的な一面も見せることから、一説には地上最強の動物と称されたりもするそうです。

150度以上大きく開くことが出来る口には、長さ40cm以上になる犬歯が生えており、同種・多種問わず攻撃の際には専らこの口や巨体による体当たりを使います。
また、体躯や牙もさることながら防御力も抜群に高く、全身を厚さ5cmの皮膚の鎧に覆われていることで相手の爪や牙をものともせずに向かって行きます。

そんな水辺の王者も近年は環境破壊による生息地の減少や、密猟者の手による乱獲などの影響により生息数を急激に減らしています。
その為、国同士の取引を制限しないと、将来絶滅の危険性が高くなる恐れがある生き物としてワシントン条約付属書II類に属し、規制の対象となっています。



005.JPG

004.JPG
このように非常に希少で高価な素材であるヒポポタマスは、鞣される際には表層の角質層を除去されるために皮革の表面はヌバックやスエードのように起毛しています。
非常に微細な繊維が密集していることにより驚くほど滑らかな質感で、同時に独特の網目状の模様が不規則に走っています。
この模様は部位によって網目状であったり、並行であったり、また蛇行しているような部分も見られ、それぞれの雰囲気が大きく異なるという非常に面白い特徴があります。

オスのカバは頻繁に縄張り争いをしているために生傷が絶えないそうですので、この模様の中にはそういった傷も含まれておりますが、荒々しく、力強い模様とベルベットのような質感が相俟ったヒポポタマスは、独特の雰囲気を持った皮革です。

また、強度についてはご想像の通り非常に強い皮革であると言えます。
滑らかで柔軟な事に加えて若干の伸縮性を備えていることで曲げ伸ばしに強く、皮革の断面を見てみますと、大型動物のものとは思えないほど微細な繊維が密集して構成されていることにより、裂けたり、破れたりといったトラブルもまず起こらなさそうです。
試しに切れ込みを入れた状態で力一杯引っ張って見ましたが、びくともしませんでした。
鋭利な物で切ったり、尖ったものが刺さったりしない限りは傷も非常に付き難い、皮革としても強い部類に属すると考えられます。

使用後のエイジングの仕方としましては、牛革のヌバックレザーと同様に起毛していた表面の繊維は少しずつ寝て、やがてツヤが出て参ります。光沢が上がってもヒポポタマス特有の深いシボ模様は残りますので、非常にユニークなエイジングを見せる皮革です。

そんなヒポポタマスのお手入れ方法に関しまして、ここで少しご説明を致します。
角質層を除去した上で起毛させたヒポポタマスは、ヌバックやスエードといった起毛革に属しますので、基本的には起毛革としてメンテナンスを行います。
但し、非常に丈夫で耐久性に富んだ皮革ですので、普段は定期的なブラッシングのみで十分です。
水気などにも強い皮革ですが、頻繁に水に濡れるような特殊な環境下でのご使用や、汚れを極力避けたい方には防水スプレーをお勧め致します。
またクリームなどの塗布につきましては、基本的には必要ありません。
ヒポポタマスは極端に油分を必要とする皮革ではありませんので、クリームよりもスプレー(コロニルの1909プロテクトスプレー等)の方が起毛革の風合いを損なわず使用することが出来ます。

勿論、C.O.U.ではいつでもメンテナンスをお承りさせて頂きますので、是非お気軽にお申し付け下さいませ。

C.O.U.銀座店の7周年では、このヒポポタマスを使用したWILDSWANSの革小物を製作しており、10月31日(土)より以下の13種のアイテムを発売致します。



032.JPG
<ヒポポタマス(カバ革)革小物シリーズ> (カラー:ブラック、チョコ)

●多機能コインケース・ヒポポタマスTONGUE 22,680円(税込)
●キーケース・ヒポポタマスCLIPPER II 20,520円(税込)
●大型長財布・ヒポポタマスWAVE 73,440円(税込)
●ラウンドファスナー カード&コインケース・ヒポポタマスLAFARO 36,720円(税込)
●名刺入れ・ヒポポタマスGENERAL 22,680円(税込)
●ラウンドファスナー大型長財布・ヒポポタマスKF-001 77,760円(税込)
●ミニ財布・ヒポポタマスKF-003 32,400円(税込)
●小銭入れ付き長財布・ヒポポタマスSURFS I 49,680円(税込)
●長札入れ・ヒポポタマスSURFS II 49,680円(税込)
●眼鏡ケース・ヒポポタマスOPTICAL CASE 46,440円(税込)
●1本挿しペンケース・ヒポポタマスPEEK-A-BOO I 19,440円(税込)
●B6サイズノートカバー・ヒポポタマスOWL-B6 33,480円(税込)
●キーホルダー・ヒポポタマスBRANCH 5,400円(税込)

それでは早速それぞれのアイテムをご紹介して参ります。

001.JPG
多機能コインケース・ヒポポタマスTONGUE 22,680円(税込)

1つ目はWILDSWANS定番のモデルである、多機能コインケースをご紹介致します。
お使いになる方のニーズに合わせて様々に活躍する、万能なコインケースです。



002.JPG
ポケットにもすっきり収まる、コンパクトで丸みのあるフォルムに愛嬌を感じるTONGUEですが、素材にヒポポタマスを使用したことにより、どっしりとした迫力が滲み出ているようです。



003.JPG
本体背面にはカードポケットを備えており、カードサイズの物が収納出来ます。
クレジットカードを入れたり、またICカードを入れたパスケースとしてのご使用も便利ですが、最近はカード型の鍵も増えてきたようで、キーケースとしてお使い頂くというのも良いですね。



006.JPG
フラップは2点のホックで固定されており、これを開くことでコインポケット部分が顔を出します。
内装にはベルギー・マシュア社のサドルプルアップを使用しており、シックで落ち着いた雰囲気に仕上げられています。



007.JPG
コインポケット内部にはカード類を挟み込んで収納出来る仕切りを備えています。
紙幣やクーポンなども畳んで収納することが出来ますので、超小型のお財布としてちょっとしたお買い物やランチの為の外出などにはこれ一つあれば事足りてしまいます。

コンパクトでありながらも紙幣や硬貨、カード類を収納可能な機能により、使い方次第で様々なケースとして活躍致します。
小さくともコバ(革の裁断面)部分やステッチ、そして素材感など、WILDSWANSらしさをしっかりと感じて頂ける多機能コインケース、ヒポポタマスTONGUEです。



008.JPG
ラウンドファスナー大型長財布・ヒポポタマスKF-001 77,760円(税込)

Walkersシリーズからも2つのモデルがヒポポタマスを素材として登場しています。
大型長財布のヒポポタマスKF-001は皮革を惜しみなく使用した、ずっしりとした重量感のあるラウンドファスナー財布です。



009.JPG
肉厚な長方形のフォルムは、まるで革の本のようにも見えます。
ヒポポタマスの質感によりどっしりと落ち着いた、風格さえ感じるような佇まいです。
また、ラウンドファスナーの顔とも言えるファスナーは、YKKのインジェクションファスナーを採用しています。
耐久性に富み、見た目も頑強なインジェクションファスナーは、上品さに加え荒々しい雰囲気も併せ持つヒポポタマスとも相性の良い組み合わせです。



010.JPG
ファスナーを開くと豪快な内装からは想像が付かないほど細かく区画された収納部が現れます。
大部屋が3箇所と、その大部屋を仕切るようにマチ無しのポケット、ファスナー式のコインポケットが配置されています。



011.JPG
両端の大部屋の内装には、それぞれ外側に当たる面に6段のカード段が備えられており、カード段の裏側にはマチ無しのポケットが配されています。
広々としたスペースと細かく仕分けの効く収納部を備えておりますので、様々な物を収納出来ると共に、必要な時に必要な物を取り出すことが出来ます。

素材感が強く表れる豪快なフォルムで、手に持った際に伝わる重量からは皮革を惜しげもなく使用した密度を感じる大型長財布のヒポポタマスKF-001。
沢山の物をスッキリと収納することが可能な、機能性の高い内装も魅力のアイテムです。



033.JPG
ミニ財布・ヒポポタマスKF-003 32,400円(税込)

Walkersシリーズ2つ目のアイテムは、小さなボディにデザイナーの意匠が凝縮された、機能性の高いミニ財布です。



034.JPG
輪郭を模る全てのラインは緩い弧を描きながら構成されており、とてもスタイリッシュな印象を受けるフォルムに仕上げられています。



035.JPG
フラップの縁は上下で段差が付けられています。
段差に指が掛かり開きやすいという効果に加えて、鞄の中やポケットに収納している時でもここに触れることで上下が判別できることから、取り出して開くまでの動作もスムーズに行うことが出来ます。



036.JPG
フラップを開いてみますと、コインポケットが顔を出します。



037.JPG
フラップ上部に当たる内装にはカードポケットが設けられており、ロゴが入った部分の裏側にカードやチケット等を収納することが出来ます。



038.JPG
コインポケットのフラップを開くと、仕切りが付属したポケットが現れます。
この仕切りにはカード類を挟むことで、硬貨と分けた収納が可能です。



077.JPG
コインポケットの裏側にはカードポケットが備えられていますので、こちらにもカード類を収納することが出来ます。



039.JPG
本体側面には札室があり、紙幣を収納することが出来ます。
札室の入り口は上部に湾曲しており、この湾曲によってお財布を閉じた際に札室はピッタリと合わさります。
外から紙幣が見えない構造により、デザイン面、セキュリティ面の2つの効果が期待できます。

コンパクトで流れるような曲線のラインが魅力的なミニ財布・ヒポポタマスKF-003は、 機能性とデザイン性の調和が絶妙な、使い込むほどに手に馴染むアイテムです。



083.JPG
大型長財布・ヒポポタマスWAVE 73,440円(税込)

大容量で高い機能性を誇るWILDSWANS定番の大型長財布です。
ゆったりと優雅な佇まいのWAVEですが、ヒポポタマスを素材としたことにより、気品と迫力が増した印象です。



079.JPG
切れ目の無いヒポポタマスの一枚革を使用しており、不規則に並ぶ皮革の模様や、ヌバックやスエードのような滑らかな質感を存分にお楽しみ頂ける贅沢な仕様です。
側面に走っている黒色に光るコバも良いアクセントになっています。



086.JPG
フラップを開く際には2点のホックを外します。
内装は中心にファスナー式のコインポケットを備え、その両側に大部屋が並んで配置されています。
大部屋は札室として使用すれば、1箇所につき50枚程度の紙幣を収納出来る容量を確保しています。
勿論、チケットや領収書の収納場所としても便利なスペースです。



081.JPG
それぞれの大部屋の外側の面には6段のカード段が並び、カード段の背面にはマチ無しのポケットが備わっています。
カード段は両側合わせて12枚収納が出来ますが、入り切らないカードや使用頻度の低いカード等はマチ無しポケットへの収納がお勧めです。

大判の皮革を使用しているため、素材感は色濃く伝わって参ります。
重厚感と充実した収納量を備えた、機能性の高い大型長財布・ヒポポタマスWAVEです。

続きます。


 


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode