KARAGRAIN CALF(カラグレインカーフ)について


フランスのタンナー・アノネイ社のボックスカーフ、カラグレインカーフについてのご紹介です。
 

annonay_logo.jpg
可愛らしい気球のマークでおなじみのアノネイ社(Tannerie D’Annonay)はフランスの名門タンナー デュプイ社から独立するかたちで1984年に創業しました。
古来より伝承の技法と最新の鞣し技術によって生み出される革は、特に素材感を生かした質感で非常に高級感があり、最高級のボックスカーフはしっかりとしたコシも兼ね備え耐久性に優れているのが特徴です。

また現在の皮革業界は先にお話ししたとおり、各タンナーがなかなか良質な原皮を確保することが出来ず、品質に差が出てきてしまっておりますが、こちらのアノネイ社も前回ご紹介させていただきましたゾンタ社同様、平均して安定した品質の革を供給しているタンナーです。
先日こちらのカラグレイン以外にもアノネイ社の革をまとめて見る機会がありましたが、どの革を検品してもとても品質が安定していて感心しました。




今回仕入れたカラグレインはこちらの水シボ模様のマロンカラー(明るめの茶色)と



縦横の線によって形成される四角い模様が特徴の角シボのチョコカラーです。
そしてこれらを使用してコインケースTONGUEを製作致しました。



写真手前がマロンカラー(水シボ)、奥がチョコカラー(角シボ)です。




こちらはマロンカラーを約1ヶ月使用したサンプルになります。
わずかな使用期間ですが、表面はモチモチっとした質感で革好きにはたまらない透明感のあるツヤが上がってまいりました。
まだまだこれからのエイジングが非常に楽しみな革です。

以上アノネイ社のカラグレインをご紹介しましたが、こちらもC.O.U.銀座店7周年記念アイテムとしてリリース予定です。
ラインアップや仕様の詳細は発売前にあらためてご紹介させていただきます。


 


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode