ミネルバボックスの革小物について 7

aic-wallet.JPG
色鮮やかに8色のTONGUEが入荷して参りました。
WILDSWANSを代表するモデルである多機能コインケースTONGUE、これまでも様々な素材にて製作をしておりますが、イタリア バダラッシ・カルロ社の銘革であるミネルバボックスをメイン素材としたTONGUEが特別生産品としてこの度C.O.U.各店に入荷致します。
12月6日(土)より発売となります。
※スポット製作につき売り切れ次第販売終了となります。何卒ご了承下さいませ。


022.JPG
多機能コインケース ミネルバTONGUE   16,200円(税込)

ミネルバボックスと言えば、先日のC.O.U.銀座店6周年記念企画では初めて使用したカラー「オルモ」によるアイテムをいくつかご紹介させて頂きましたが、バッグ等の定番アイテムの素材としてもWILDSWANSではお馴染みの皮革です。
特別なお手入れを必要とせず、傷や水にも強いこの皮革の最大の特徴は、何といっても劇的なエイジングにあります。
お使い初めはマットで落ち着いた雰囲気ですが、使い込む事で色は深みを増し、表面にはギラギラとした光沢を伴って参ります。
その変化の度合いもさることながら、変化の速度も非常に速く、刻一刻と進むエイジングをより強く実感できる皮革です。


0001.JPG
画像は今回入荷致しましたミネルバTONGUEですが、左側が未使用のもの、右側がそれぞれ3、4ヶ月程使用したものになります。
カラーは上から順にタバコ、ネイビー、ブラックです。
使用期間は短いのですが、早くも深まった色味とギラギラとした光沢が見られます。

そんなミネルバボックスを使用したTONGUEは、コンパクトながらもしっかりと素材の魅力を愉しむことが出来るコインケースです。
シンプルながら機能性に富み、磨き上げられたコバ(革の縁の部分です。)や美しいステッチのラインなど、WILDSWANSならではの丁寧な造りはその小さな製品に盛り込まれておりますので、初めてWILDSWANSのアイテムを お使いになる方々にもお勧めです。

実はこの特別生産品のミネルバボックスTONGUEは一年以上前にも全7色でスポット的に製作されましたが、この度は色合いも鮮やかに総勢8色が登場致しましたので、まずは各カラーを順番にご紹介をして参ります。


014.JPG
まずはコニャックです。
「革」といえばこのライトブラウンの色味を連想される方も多いのではないでしょうか。
明るい発色が親しみやすいカラーです。
明るい分エイジングによる色味の変化の度合いも大きく、使い込めば初めの色味からは想像もつかない程濃く、どっしりと迫力のある表情に変化して参ります。


016.JPG
こちらのショルダーバッグのパパスショルダーはスタッフが3年近く使用しているもので、隣のTONGUEと同じくミネルバボックスのコニャックを素材として使用した物になります。
深い茶系の色味と光沢は、両者が同じ素材とは思えない程に雰囲気が違って見えます。



012.JPG
こちらのネイビーは先程の明るいコニャックとは対照的に、深みのあるシックな面持ちの色味になります。
抑えた青みは高級感が漂い、これからの季節にもピッタリです。



009.JPG
イタリア語で紫陽花(あじさい)を表すオルテンシアは、同じ青系の色味でも先程のネイビーとは雰囲気がガラリと変わり、鮮やかな青みが正に紫陽花を思わせる、目を引く色味になります。
晴れの日にはつい持って出かけたくなってしまう爽やかさが魅力のオルテンシアです。



013.JPG
こちらはタバコというカラーになります。
ここまでご紹介した4色はCOLLIER等のバッグ類に定番色として用いられているお馴染みのカラーになりますが、アイテムが変わるとその印象も随分変わるものです。
ダークブラウン系の色味であるこちらのタバコも未使用の状態では落ち着いた雰囲気ですが、使い込むことでシボの1つ1つが光沢を帯びた状態になって参りますので、まるでアンティーク品のような凄みのある表情をお楽しみ頂けます。



010.JPG
染色を施していないこちらのボーネは、他の皮革でいうところのナチュラルという色味になります。
使い込む程に段々と飴色にエイジングが進むボーネは、スムースレザーのナチュラルとはまた違った味わいをお愉しみ頂ける色味です。



015.JPG
鮮やかな黄色のナポリです。
絵具の色名にネイプルスイエロー(ナポリ黄)というカラーがありますが、これはイタリアのナポリ近郊にあるヴェスヴィオス火山の火山灰から抽出された色味であったことに端を発しているそうです。
普段見慣れているミネルバボックスのイメージとはまた違った色味であるナポリ、本家ナポリ県の県章や県旗にも用いられているネイプルスイエローを連想させるような色味で、正にイタリアならではのカラーと言えます。



011.JPG
イタリア語で雛罌粟(ひなげし)を意味するカラーであるパパベロは、燃えるような赤が眩しく、イタリアらしく非常に鮮やかで印象的な色味です。
使い込む程に深まる赤味は光沢を帯び、魅力的な変化を見せてくれます。



008.JPG
最後のカラーは、シックで落ち着いた色味のブラックです。
エイジングが進んでも色味についてはさほど変化は見られないのですが、強い光沢を帯びて来ることで、より黒が際立つように見えて参ります。
使い込んだミネルバボックスのブラックはコンパクトなTONGUEと言え非常に力強く、迫力のある表情になります。


全てのカラーをご紹介した所で、続いてはミネルバボックスTONGUEのディテールについてご説明をさせて頂きます。



021.JPG
掌にすっぽりと収まる絶妙なサイズですので、ジャケットのポケットや鞄の中など、僅かなスペースさえあれば場所を選ばすに持ち運んで頂ける大きさが魅力です。



017.JPG
本体の背面にはカードポケットが配されておりますので、ICカードの定期券等を収納すればパスケースとしてご利用頂けます。



018.JPG
2つのホックで留められたフラップを開きますと、本来の機能であるコインポケットが顔を覗かせます。
フラップの裏側には革が貼られ、高級感と統一感のある仕上がりになっております。



020.JPG
コインポケットは広めに取られたマチにより手前に大きく開きます。
出し入れのし易さは勿論、視認性も抜群です。



019.JPG
コインポケット内部に設けられた仕切りは、カードや畳んだ紙幣を挟み込んでコインと分けて収納する為に使用致します。



002.JPG
カードより一回り大きい程度の大きさながら、コインや紙幣、カードを収納出来ますので、ちょっとした外出程度であればこのTONGUEだけで事足りてしまいます。
コインも収納できるパスケースとして、また札入れと併用することでカードを収納できるコインケースとしてお使い頂いたりと、ニーズに合わせて様々に活躍するTONGUEです。

今回ご紹介致しましたミネルバボックスTONGUEは、C.O.U.銀座店、C.O.U.京都店、C.O.U.オンラインショップの各店舗にて12月6日(土)より発売となります。
※スポット製作につき完売次第販売終了となります。何卒ご了承下さいませ。

ご興味をお持ち頂いた方は是非ご覧下さいませ。


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode