トートバッグ BASIS(バージス)について 5

aic-bag.JPG

トートバッグ・BASISのシュランケンカーフバージョンの登場です。
002.jpg
WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の定番のトートバッグBASIS(バージス)がミネルバボックスからシュランケンカーフへとその素材を変え、新たな定番として登場致しました。  
001.jpg
トートバッグ SC-BASIS 97,200円(税込) (W48×H30×D17cm)
カラーバリエーションはネイビー、トープ、キャメル、ブラックの4色展開です。 
先日C.O.U.の京都店が2周年を迎えた折には、記念企画アイテムとして特別生産品のBASISのプエブロバージョンをブログにてご紹介致しましたが、その際にほんの少しだけこのシュランケンカーフ製のBASISもご紹介しておりますので、ご覧頂いた方もいらっしゃるかと思います。  
011.jpg
左側の従来の定番品であるBASISは、イタリア バダラッシ・カルロ社の銘革であるミネルバボックスをメイン素材に使用しており、独特な雰囲気と短期間で劇的な変貌を遂げるエイジングが魅力です。 一方、今回初登場となる右側のBASISはドイツ ペリンガー社のシュランケンカーフを用いて製作されております。 
DSC_0658.JPG
シュランケンカーフもミネルバボックス同様、型押しされた革ではないシュリンクレザーの分類になりますが、その製作過程は大きく異なり、革の持つ雰囲気もまた違ったものになります。 
成牛の革を植物性タンニンにより鞣し、揉み加工を施すことでシボを出しているミネルバボックスとは対照的に、シュランケンカーフは肌理細かなカーフ(生後6カ月以内の仔牛)をクロームにより鞣し、薬品により革の表面を収縮させて自然なシボを持たせた皮革です。
001.jpg
野性味の溢れる力強い印象のミネルバボックスとは対照的に、シュランケンカーフは非常に静的で、端正な面持ちです。 
バッグのような大きな面積になると殊更その優雅な雰囲気が際立ち、滑らかで肌理の細かい手触りの中にも、柔軟性と弾力がしっかりと宿った皮革であることが伝わって参ります。 
012.jpg
そしてこのもっちりふっくらとした素材感は永くお使いいただくほど顕著になり、しなやかな弾力を残しつつ、より柔らかに身体にフィットするような変化を見せていきます。
退色や色抜け等、色の変化がほぼ無く、外観上の変化は何年もお使いいただいているうちに、僅かにうっすらと光沢が出てくるくらいです。 
特別なお手入れも必要なく、水や汚れに比較的強いこともあり、この革の良さをお楽しみ頂きながら、末永くお使い頂ける皮革です。 
 それでは詳細です。 
003.jpg 外側前面にはW13×H14cmのポケットが備えられております。 
パスケースや小銭入れといった使用頻度の高いものを収納して頂きますと、鞄を開かずに取り出すことが出来ますので非常に便利にお使い頂けます。 
009.jpgハンドル部分にもシュランケンカーフが使用されております。 
しなやかな皮革ですが、芯材による補強を施しておりますので適度なコシが生まれ、長期間持ち歩く際の疲れの軽減、肩掛けの際の食い込みを抑える設計になっております。 
また、ハンドル自体の長さはアウターをお召しになってもしっかりと肩に掛けて頂ける長さを確保しておりますので、季節を問わずにお使い頂けます。 
002.jpgミネルバボックス製のBASISはハンドル基部に設置されたこちらの金具が無垢の真鍮でしたが、今回のSC-BASISではニッケルメッキを施した金具を採用しておりますので、全体の雰囲気がよりシックになり、良いアクセントになっております。 
また、鞄全体で最も負荷が掛かる金具部分には、部分的に手縫いの工程を組み込むことで十分な強度が確保されております。 
005.jpg鞄の底の部分には底鋲を4点配しております。こちらもニッケルメッキの金具です。 
004.jpg 鞄の開口はファスナー式となっており、WILDSWANS製品ではお馴染みのエクセラファスナーが採用されております。 
003.jpg
ファスナーテープ(台布・生地部分)はこちらの剣先部分まで伸びておりますので、ファスナーを開き切りますと鞄の口は大きく開くことが出来ます。 
また、この剣先を掴んでファスナーを開閉して頂くと、力が入り易いという利点もあります。 
006.jpg
内装には丈夫で擦り切れにくいオリジナルのコットン生地を使用しており、ザクザクと気軽に荷物を収納して頂けます。 
メイン収納部はたっぷりとした容量になっておりますので、通勤・通学といった普段使いからちょっとした旅行まで様々な用途にご利用頂けます。 
007.jpg
鞄正面の真裏側には、W13×H15cmのマチ無しのオープンポケットが2つ並んで配置されております。 携帯電話やキーケースといった、細々した物の仕分けに便利なポケットです。 
008.jpg
続いてその反対側にはW26×H15cmのマチ無しのファスナーポケットが配置されております。 
ファスナー式のこちらには、お財布や通帳といった貴重品の収納がお勧めです。 
013.jpgしっかりとした機能性を保ちつつ、飽きの来ないシンプルなデザインに仕上がっているため、非常に汎用性の高いトートバッグです。 
シュランケンカーフのシックで高級感のある雰囲気はビジネスシーンには勿論のこと、その耐性の高さから、ご旅行からレジャーまで、お使いいただくシーンを問わずに幅広くご使用頂けます。 
100.jpg
今回ご紹介致しましたSC-BASISはC.O.U.銀座店、C.O.U.京都店、C.O.U.オンラインショップの各店舗にて9月5日(金)より発売開始となりますので、ご興味をお持ちのお客様は是非一度ご覧下さいませ。
ジャケットスタイルにとてもマッチする、上品な佇まいのトートバッグです。
続きます。


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode