C.O.U.京都店二周年記念・エレファントシリーズについて 1

aic-info.JPG
8月30日(土)より販売を開始致します京都店二周年記念アイテムの数々。今回はエレファントレザーを使用したWILDSWANSの革小物シリーズについてご案内させていただきます。


連日ご案内させていただいておりますC.O.U.京都店二周年を記念した特別製作品の数々。前回はアメリカのホーウィン社のシェルコードバンを使用したWILDSWANSの長財布・BLISTER-Lの特別仕様バージョンをご紹介させていただきましたが、今回よりエレファントレザーを使用したWILDSWANSの製品群をご紹介して参りたいと思います。
エレファントレザーを使用したWILDSWANS製品と言えば、以前に雑誌「Begin」と新宿の伊勢丹百貨店のコラボレーション企画品として製作したことがありましたが、直営店用に製作・販売するのは今回が初めてとなります。

今回の特別製作品で使用したエレファントレザーは数あるエキゾチックレザーの中でも群を抜くほどの非常に強い革種であり、尚且つなかなか世に出回らない希少な革種でもあります。例によってご説明が長くなってしまいますが、どうぞ暫しお付き合いくださいませ。


IMG_9262.JPG
京都店の二周年記念でご用意するエレファントシリーズでは、外側にはエレファントレザーのブラックを、また内側には堅牢な牛革のサドルプルアップのブラックを合わせておりますので、丈夫かつとてもシックな仕上がりとなり、大人の方が持てる上品な製品群となっております。なおラインナップは下記の通りで、カラーは全てブラックのみ(ステッチカラーは全てダークブラウン)となります。


☆多機能コインケース・TONGUE・・・・・・・・・・27,000円(税込)
☆マチ無し長財布・KOHRIN・・・・・・・・・・71,280円(税込)
☆Walkers ミニウォレット・KF-003・・・・・・・・・・38,880円(税込)
☆Walkers ラウンドファスナー長財布・KF-001・・・・・・・・・・91,800円(税込)



さて、各製品についてご説明させていただくその前に、そもそもエレファントレザーとは如何なる革種なのかを改めてご紹介させていただきます。(毎度前置きが長くなってしまいすみません・・・。)
IMG_9184.jpg
この度の特別製作品に使用したエレファントレザーは、種類としてはジンバブエ産のアフリカゾウ(商業名:African Elephant 学名:Loxodonta africana)になります。
ワシントン条約によりインド、ミャンマー、タイ、マレー半島、スマトラ、スリランカ等に分布する「アジアゾウ」の革は商業取引が全面的に禁止されており、また「アフリカゾウ」の中でもボツワナ産、ナミビア産、南アフリカ産等色々と存在しますが、第三国へ皮革を輸出して製品化すれば日本へ輸入が可能であるとか、革製品であっても日本への直接輸入は不可能等、原産国により千差万別で、色々と細分化された厳格な規制があります。
その中でも自然公園内で生体保護のため限定捕獲された、ジンバブエ産のアフリカゾウのみ日本への直接輸入が許可されており、しかも現地で鞣された革しか輸入出来ない等の厳しい規制があります。
一時期は規制により殆ど手に入らなくなるほどで、革種としては非常に希少であり、輸入される量や価格の変動も激しい貴重な革種になります。(その為、数もあまり多く製作できません・・・。)


IMG_9183.jpg
そんなエレファントレザーですが、革としての特徴は摩擦に強く、厚くて非常に丈夫です。部位としては鼻、耳、ボディ等が混在して入荷されますが、強度や耐久性は、どの部位でもほぼ同じになります。また、それぞれの部位には特有のヒダ、シワがあり、大きなシワほどとても深くなり、どの部位であっても手触りとしては硬いような柔らかいような、独特な質感をしています。
なおエレファントレザーでは光沢のある仕上げを施した革も存在しますが、この度使用したエレファントレザーは光沢のない革になり、自然の風合いを残した仕上げです。ヌバック等と同様に起毛革になりますので、表面の手触りはベルベットのようでもあるのですが、フニャフニャという訳ではなく、ある程度のコシも持ち合わせています。


IMG_9186.JPG
植物性のタンニンではなくクロームで鞣された革ですので、エイジングのスピードは遅く、基本的には変化し難いのですが、起毛革でもありますので永い年月お使いいただきますと革表面の繊維が寝てきて、徐々に光沢が生まれます。同時に色も深まりを見せ、より黒々としていく変化を見せます。また、表面がクローム鞣し革特有の弾力性に富んでおり、凹み傷に強い等の特徴もあります。
特別なお手入れは要らずブラッシングくらいで十分ですので、普段からリラックスして使える革種でもあります。(お手入れに関しましては最後に詳しくご案内させていただく予定です。)


・・・と、すっかり前置きが長くなってしまいましたが、以上がエレファントレザーについてのご説明です。
特徴的なシボの風合い、ベルベットのような手触り、高い耐久性等々・・・、どの革にも見当たらない雰囲気を纏っているエレファントレザーは上品な表情と堅牢度を併せ持つ特別な革ですので、上質なモノをお求めになる大人向けのレザーと言えるかも知れません。それでは早速、このエレファントレザーを使用した各アイテムのご案内をさせていただきます。


多機能コインケース   エレファントTONGUE    27,000円(税込)   (W 10.5 ×H 7.5 cm)
IMG_9207.JPG
まずはこちら、定番の多機能コインケース・TONGUEです。
通常仕様はどこか愛らしい印象もあるTONGUEですが、エレファント仕様にしますとグッっと渋みを増し、力強さも纏ったように感じられます。


IMG_9210.JPG
このコインケースの外側背面にはカードを収納できるポケットがありますので・・・

IMG_9214.JPG
単なるコインケースとしてだけではなく、カードの他、この場所に定期等を入れておけば通勤・通学時にはパスケースとしても活躍出来るという優れものです。


IMG_9209.JPG
今回のエレファント仕様では、ホック凸側のある前胴部分でもエレファントを使用しております。またフラップ裏には裏貼りも施しており、程よいハリ感も出てますので、エレファントのしなやかさと同時にサドルプルアップの堅牢さも分かり易く感じられます。


IMG_9215.JPG
本来は前胴にあったロゴは、今回は本体内部にある革の仕切りに刻印されています。
この仕切りが「TONGUE」と呼ばれる所以で・・・


IMG_9213.JPG
例えばコインとカードを収納する場合は、この仕切りを境に収納すれば互いがぶつからず1室の中に収めることが出来ます。
その他にもサブウォレットとしてご使用する際は、カードの代わりに紙幣を3つ折りにして入れるとジャストサイズで納まりますので、ちょっとした外出用のお財布としてお使いいただける多機能コインケースです。





続きます。








Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode