ル・ボナーのブリーフバッグ・マエストロについて 4

aic-bag.JPG
ルボナーのブリーフバッグ、久し振りの入荷です。 
神戸の鞄屋さん、ル・ボナーからマエストロが入荷して参りました。 


002.jpgブリーフバッグ マエストロ  ¥162,000(税込) 
※現在在庫のあるカラーバリエーションはトープ、ネイビー、ブラックとなります。 

上質なシュランケンカーフを贅沢に使用した大容量のブリーフバッグ・マエストロが久々にC.O.U.に入荷されましたのでご案内させて頂きます。
実は今回の入荷分から若干の仕様の変更が為されておりますので、変更点も含めて製品の詳細をご紹介して参ります。 



003.jpgどっしりと迫力のある外観です。
外装にはドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフがこれでもかとばかりに使用されており、高級感の中にもボナーさんらしさをしっかりと反映させた、暖かみのあるデザインが魅力です。 
たっぷりとした容量を確保した、旅行や出張に最適な設計となっております。 
長い時間持ち運ぶことになりますので、やはりその重量が気になられる方も多いかと思います。
そこで実際に計測してみたところ、バッグ自体の重量は約1.9kgでした。
2kg弱という重量を「重い」と感じられる方もいらっしゃるかも知れませんが、このサイズのフルレザーのバッグとしてはかなり軽量に造られております。 



016.jpg  
本体正面のフラップ部分のメタルホックが特徴的ですが、こちらは今回から仕様の変更が為された部分です。 



20121113_1453370.jpg
本体のフラップを留める部分の金具について、従来は上の画像の錠前が使用されておりましたが 



017.jpg
今回からメタルホックに変更となっております。 
あまり見慣れない形状のこのホック、従来の錠前と同様にドイツ製のものを採用しております。 
ドイツ製だけに非常に頑強で、1つ当たり200kgの重量に耐えられるそうです。 
そんな強力なホックであれば、さぞかし開けにくいのでは? と心配する声が聞こえてきそうな気が致しますが、開閉の仕方は非常に簡単です。 



004.jpgホックを開ける際には、前面の円盤状の部分をつまんで手前に引きます。 



005.jpg
「カチッ」という小気味良い金属音と共にホックが開きました。 
特に力を入れて引く必要はなく、女性やお子様にも操作が可能です。



006.jpg
ホックを閉じる際には、ホックを重ねて押し込むだけです。 
よりスムーズに、より素早い開閉を行って頂けますが、一度閉じれば正しい手順を踏まない限り簡単には外れません。 
バッグの中に沢山の荷物を詰めた時や、どこかにぶつかった時にフラップが開いてしまうといったことは無さそうですし、防犯性能も高い造りになっております。 


ホックが変わるだけで、全体の雰囲気も少し変化したように感じます。 
少しカジュアルなテイストが加わり、より幅広くご使用頂けるようになりました。 


001.jpg
ビジネスシーンでの使用は勿論のこと、水や汚れに強いシュランケンカーフをメイン素材に使用しておりますので、旅行やレジャーにお出かけになる機会も増えて来るこのシーズンには是非お勧めしたいバッグです。 



004.jpg
フラップ上部にはハンドルが備えられております。 



005.jpg
ハンドルは適度な厚みでしっかりとした硬さに作られ、長時間の持ち運びを想定した疲れにくい設計になっております。 



006.jpg
ハンドル基部の金具にもルボナーならではの工夫が凝らされております。 
こちらも今回からの仕様変更の一つとなっており、外側からは見えませんが金具と金具の隙間には、なんとエレファント革が貼りつけられております。 
摩擦に対し抜群の耐性を持つと言われるエレファント革をこんな所に使用してしまうとは・・・。 
この驚異の設計により金具同士の擦れを軽減し、耐久性が向上いたしました。 



002.jpg
また、こちらも外からは見えない部分になりますが、ハンドル基部を支えるフラップ内部の芯を補強し、より耐久性を強めた仕様変更が為されております。 



009.jpg
大容量のバッグになりますので、肩に掛けてご使用頂く為のショルダーストラップも備えております。
ストラップは勿論シュランケンカーフ製で、肩の負担を軽減する為に最適な幅を確保しております。



012.jpg更に肩当ては僅かに湾曲させることで、フィット感の向上を図っております。 
「少しでも使いやすく」という想いが細部にまで行き渡った、まさに至れり尽くせりのバッグです。 



008.jpg
続いて本体の背面をご覧頂きましょう。 
背面にはファスナー式のマチ無しのポケット(W37×D23cm)を備えております。 
A4サイズの書類を収納可能な大きさとなっており、咄嗟の時には本体のフラップを開かなくてもサッと書類や雑誌を入れることが出来て非常に便利です。 
ファスナー式ですので、安心して収納出来ることも重要なポイントですね。 
内側には贅沢にピッグシルキーという豚革のスエードがあしらわれ、ポケット内部ですら隙のない仕上げとなっております。 



007.jpgまた、本体背面の上下に設けられたベルトはキャリーバッグのハンドルを通して使用する為のベルトとなっております。
フルレザーのバッグには珍しい造りですが、 何かと荷物の増えてしまう旅行や出張の際には非常に助かる機能の一つです。 



010.jpg
続いて本体底面になります。 
底鋲は5つ打たれ、地面に置く際にも安心の造りです。 
底面の中心にはベルトが真横に通っておりますが、このベルトは本体側面から始まり、まるで船の竜骨のような形で本体をぐるっと覆っております。 
沢山の荷物が収納可能なバッグですので、荷物をしっかりと支える役割を果たしております。 

それではいよいよフラップを開けてみましょう。 



011.jpg
フラップを開きますと本体前面に配された2つのポケット(それぞれW20×H25×D2cm)が顔を出します。
たっぷりとした深さのあるポケットですので、お財布や携帯電話、タブレット端末など色々な物を収納して頂けます。 



999.jpg
続いてメインの収納部分を覗いてみますと、上質で鮮やかなピッグシルキーが目に飛び込んで参ります。 
見た目以上に素晴らしい手触りが特徴のピッグシルキーは、収納した荷物を優しく包み込む事に加えて、高級感の演出にも一役買っております。 
勿論、各所に配されたポケットにもそれぞれ同様の仕上げが為されております。 



014.jpg
収納スペースはシンプルに大部屋(W42×H26×D10cm)が一つと、背面側にマチ無しのポケット(W30×H16cm)の配置となっております。 
ご覧頂いておりますネイビーのマエストロには青空のようなブルーのピッグシルキーが合わせられ、ブルー系で統一された組み合わせが清潔感を漂わせております。 
他のカラーバリエーションにも、それぞれ違うピッグシルキーが合わせられておりますのでご覧頂きましょう。 



IMG_8645.JPG
外装がブラックのマエストロの内装にはレッドのピッグシルキーを使用しております。 
シックな雰囲気漂うブラックの中に燃え上がるようなレッドが良く映えておりますね。 



015.jpgまた、トープのマエストロにはグリーンのピッグシルキーがあしらわれており、今の季節にピッタリな爽やかさを醸し出しております。 

広々としたメインの収納部と各所に備えられた大小様々なポケットにより、あれこれと荷物の多くなってしまいがちな旅行や出張の際にも余裕のある収納・仕分けをして頂けます。 

如何でしたでしょうか、ルボナーのオーバーナイターブリーフバッグ、マエストロのご紹介でした。 



IMG_8633.JPG
ブラッシュアップが施され、再登場致しましたブリーフバッグ・マエストロはC.O.U.銀座店、C.O.U.京都店、C.O.U.オンラインショップにてお取扱いを致しておりますので、ご興味のある方は是非ご覧下さいませ。 
※尚、入荷数はごく少数ですので店舗によってはお取扱いのないカラーもございます。 在庫についてはお手数ですがお問い合わせ下さいますよう、お願い申し上げます。


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode