ペンケース・CYLINDER-S(シリンダーS)について 1

 aic-stationery.JPG
WILDSWANS(ワイルドスワンズ)のペンシルケースCYLINDER(シリンダー)に新たな仲間が加わりました

従来のペンシル(鉛筆)ケースに特化した設計のCYLINDERから、一般的なペンに対応したサイズに変更を加えたCYLINDER-Sが新たな定番モデルとして6月6日(金)より発売致します。 


001.JPG
CYLINDER-S ¥15,660(税込) (H34×W180×D50mm) 
素材には従来のCYLINDERと同様にサドルプルアップを用い、今回は4色のカラーリングでお作りしております。 



004.JPG
まずはブラックです。 



005.JPG
こちらはチョコになります。 



006.JPG
続いてマリンです。 



007.JPG
最後はバーガンディとなります。 



また、今回はこの4色に加えて特別生産のSUKUMO Leather(スクモレザー)でのCYLINDER-Sも販売致します。 

003.JPG
前回のFossette M、Fossette miniのスクモレザー製品に続く第2弾としての発売となります。 
※ スクモレザーにつきましては前回のブログにてご説明を致しておりますので、是非こちらをご覧下さい。 




それでは早速CYLINDER-Sの詳細をご覧頂きましょう。 



gbgbgb.jpg
まずは従来のCYLINDERとの大きな違いであるサイズについてですが、 上がCYLINDER、下がCYLINDER-Sです。 
長さにして2cm,指2本分ほど短くなっております。


僅かな違いですが、CYLINDER-Sは短くなった分可愛らしい印象になりましたね。 
9999.JPG


従来のCYLINDERはペンシルケースとしての設計ですので、当然削っていない状態のペンシルでも収納可能なサイズとなっておりますが、CYLINDER-Sの場合、コンパクトな設計にすることで一般的なサイズのサインペンやボールペン等がジャストで収まり易い長さになっております。 



009.JPGこちらは横からの画像になります。マチの部分がご覧頂けますね。 CYLINDER-Sは単にCYLINDERを短くしただけではなく、細部にブラッシュアップが施されております。
例えばこのマチもケースを閉じた時にマチが立ち上がりやすいような工夫が施されており、ケース内からの中身の飛び出しを極力防止するような設計となっております。 



0010.JPG
フラップを開いてみましょう。 両端のホック2箇所で固定する構造になっております。 ペンケースとしてお使い頂くのは勿論のこと、この状態でペントレイとしてお使い頂くことも出来ます。 



0014.JPG
実際に中身に接触する底面の部分にはスエードをあしらっており、中身に傷を付けない配慮が成されております。高級感も一段と上がりますね。 

では実際にペンを収納してみましょう。 



008.JPG
一般的な長さのペン(15cm前後)でしたら両サイドのマチがしっかりとペンを抑え込みます。
マチによって抑え込まれているために、移動中にペンが飛び出していたというようなトラブルも回避することが出来ます。 

肝心の容量につきまして、ペンを詰め込んでみましょう。 



0012.JPG
ペンシルとは異なり、各メーカー様々なサイズのものがございますので、一概に何本収納可能ですとは言い難いのですが、標準の太さのペンで5〜6本は収納が可能です。 
もう1〜2本入りそうな気も致しますが、快適にご利用頂くにはやはりこの位が適当でしょうか。 

次回はSUKUMO Leather製のCYLINDER-Sをご紹介させて頂きます。 

続きます。



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode