トートバッグ Basis(バージス)について 1

 1
WILDSWANS(ワイルドスワンズ)オリジナルの新作トートバッグが12月18日(水)より発売となります。
 WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の鞄に、シンプルで汎用性の高いトートバッグ、
Basis(バージス)が加わりました。


20131215_112693.jpg
※モデル身長は180cmです。


トートバッグ・Basis(バージス) (W48×H30×D15.5cm)       84,000円(税込)
【現在は86,400円(税込)となっております。】
※サイズ表記の幅(W)につきましては、鞄口元にて採寸しております。

20131215_112772[2].jpg

「日常使いからビジネスシーンに至るまで場所を選ばないベーシックなデザインのトートバッグを造りたい」という思いから試行錯誤を重ねて参りました結果、WILDSWANSらしさを随所に散りばめつつも、あらゆるシーン、風景、人に溶け込めるようなプレーンな外見の、シンプル且つ機能性に富んだトートバッグが出来上がりました。

今回メインの素材として使用致しましたのは、定番品では既にお馴染みの素材となっておりますイタリア バダラッシー・カルロ社のミネルバボックスです。

この皮革の最大の特徴は何と言いましても「短期間での劇的なエイジング」にあります。

DSC_0224.JPG


DSC_0167.JPG
一例と致しまして、上記の革は元々同じミネルバボックスのコニャックという色味ですが、上が未使用の状態、下が2年程使用した状態です。ご覧頂いてお分かりになりますように、元々のマットな風合いとは打って変わり、エイジングしたミネルバボックスはギラリとした光沢を放つ大変迫力のある姿に変貌を遂げます。そしてその変化は他の皮革と比べましても格段に速いスピードで進んで行きますので、「革を育てる」という感覚をより強く実感して頂ける、非常に魅力的な素材であると言えます。

そういった特徴を備えた素材を惜しみなく使用したこのトートバッグ、Basisはラグジュアリーな雰囲気の漂う仕上がりとなっております。ここからさらにエイジングを重ねた姿を想像致しますと、将来が非常に楽しみな鞄ですね。

カラーバリエーションは4色となり、外装には全てこのミネルバボックスを使用しております。

20131215_112694[1].jpg
コニャックです。今回の4色の中では最も明るい色ですが、先の画像のように深い色にエイジングして参ります。

20131215_112696[1].jpg

タバコです。一般的なダークブラウンに近い色、といったところでしょうか。

20131215_112697[1].jpg

こちらはグリージオです。グリージオは今回の4色の中では最も大きな変化をするカラーです。現在のグリーン系の色味から深い茶系の色へと変化して参ります。

20131215_112695[1].jpg

ネイビーです。ミネルバボックスのネイビーは言い表すならば「緑がかった濃紺」の色味です。非常に落ち着いた雰囲気ですね。様々なお色のお洋服に合わせやすい色味ではないでしょうか。

全4色をご紹介させて頂いたところで、次はディテールのご説明を進めて行きたいと思います。

20131215_112705[1].jpg

こちらはBasisの正面です。

20131215_112706[1].jpg

こちらは裏側になります。

20131215_112699[1].jpg

表裏を見比べて頂いてお気付きになられたように、外側の片面にポケットを備えております。およそW13×H14cmの大きさでマチはありませんが、柔らかいミネルバボックスですので少し厚みのあるものでも多少の融通が利き、上の画像のように2つ折りのお財布(GROUNDER)くらいでしたら難なく入ります。定期入れ・小銭入れといった使用頻度の高いものは毎回鞄を開けて取り出す手間が省けますので、非常に便利なポケットです。

20131215_112704[1].jpg

外側からでは分かりませんが、ポケット内部のミツケにもミネルバボックスを使用しております。

20131215_112760[1].jpg

ハンドルに関しては、一見細く、柔らかそうな印象を受けますが、芯材による補強が成されておりますのでしっかりとしています。そしてハンドルの長さは手持ちでも、肩掛けでも心地良くお使い頂けるような長さに設定しております。特に今の時期に冬物のアウターをお召しになっている状態でも腕が入らない、といった事が無いような長さですので、一年を通してお使い頂けます。

DSC_0129.JPG
ハンドルの金具は一般的な形のものに見えますが、真鍮の無垢で作られておりますので、お使い頂くにつれて金具にもエイジングを期待出来ます。
金具周辺の部分は鞄の中でも最も荷重が掛かる部分ですので、部分的に手縫いの工程を組み込んで強度確保に特に力を入れております。

DSC_0130.JPG
ハンドルの裏側になります。裏側からも強度・耐久性を強めるためにミネルバボックスによる裏当てを施しております。

20131215_112761[1].jpg

鞄の底部分には底鋲を4隅に配置しておりますので、直に地面へ置かれる時でも安心ですね。


続きます。


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode