WILDSWANS(ワイルドスワンズ)製品の一部価格改定のお知らせ 1

 

 大変心苦しいお知らせではございますが、10月1日(火)より、WILDSWANS(ワイルドスワンズ)の革製品の価格を一部改定させて頂きたく思います。


 日本だけでなく世界的にも、様々な経済の動きが激しくなってきている昨今、皮革業界に関してもやはりその流れに応じるかのように、昨年から今年にかけまして多くの動きが出てきております。

 そんな中、革のもととなります原皮は、その種類に関わらず年々希少性は増し、特に海外産の上質な原皮は、世界中で求められる需要に対して、なかなか供給量が追いつかなくなってしまっています。
 (基本的に皮革に用いられます原皮は、食用や研究用としてお肉をさばかれた後に残る皮が用いられますので、皮だけが大量に供給されることはありません……。私たちにとっては、限られた非常に大切な資源の一つです。)

 そんな原皮の状況に一層の加速がかかっていることや、世界の経済状況などの影響も含めまして、現在WILDSWANSで用いられている革のみならず、世界的に革の価格が大幅に上がってしまうこととなりました。

 これまでにも、実は細かく革の値上がりはあったものの、基本的には製作や流通に関するコストの削減を限界まで考え、 様々な試みを繰り返す事で、出来る限り製品の価格を維持しているよう努めておりました。

 ですが、今回の海外諸国の革の値上がり幅は、これまでの常識ではなかなか想像がつかないほどに大きく、あまりの急激な変化に私たちスタッフも驚きを隠せませんでした。

 メイン素材として使用しております、ベルギー・マシュア社のサドルプルアップを始め、ドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフとクリスペルカーフ、イタリア・ワルピエ社のブッテーロにバダラッシー社のミネルバボックス・リスシオ、さらにはリザードやクロコダイルなどの希少革に至るまで、値上がり幅はあれどほぼ全ての革で、値上がりになってしまっている状況です。

 出来る限りの努力をさらに重ねていくことを今もずっと考えながらも、どうしてもそれだけでは現在の価格を維持することは非常に困難となり、今回は10月1日(火)より一部製品を価格改定に踏み切らせて頂く運びとなりました。


 永くWILDSWANSをご愛顧下さる皆様、こうしてご覧下さいます皆様、本当に多くの皆様に誠に申し訳ない想いがあふれますが、諸般の事情をご考慮の上、どうぞご理解を賜われれば幸いでございます。

 現在も出来る限り、値上げの幅が最小限になりますよう努力を続けております。それぞれのシリーズにて具体的な価格に関しましては、来月早々にもご案内をさせて頂ければと思いますので、何卒宜しくお願い申し上げます。




Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode