ミニショルダーバッグ・COLLIER(コリアー)について 4

 aic-bag.JPG

 WILDSWANSより、エイジングを目一杯お愉しみ頂けるミニショルダーバッグが新しく発売されることとなりました。以前に製作をしておりましたCOLLIER(コリアー)をブラッシュアップし、ミネルバボックスバージョンとなって登場です。


 WILDSWANSのミニショルダーと言えば、最近ではシュランケンカーフを用いて鮮やかな発色や軽やかさが持ち味のPISTE(ピスト)が、とても好評を頂いておりますが、既に廃番となってしまっていた型でCOLLIER(コリアー)というバッグがございました。
 (詳しくは、過去のブログをご参照下さいますと幸いです。)

 上質なスエード(ヴェロア)をボディに用いた、ヨーロッパのアンティークのような雰囲気が漂う佇まいのミニショルダーバッグだったわけですが、素材などの都合もあり、数年前に発売した後に廃番となってしまっておりました。

 COLLIERはお客様からもスタッフからも、「ほどよいサイズ感で使いやすい」と愉しんでくださる方が多かっただけに、どうにかまた製作出来ないだろうかと思案していました。

 COLLIER 29,400円(税込) H270×W180×D70mm(ストラップ最短約97cm〜最長148cm)

P8066625.jpg

 そこでこの度、更に味わい深くエイジングを目一杯愉しんで頂こうと、ボディの部分もイタリア・バダラッシー社のミネルバボックスをあしらい、細かな部分をブラッシュアップしてCOLLIER(コリアー)が復活となりました。

 9日(金)より、C.O.U.銀座店、C.O.U.京都店、オンラインショップにて発売をさせて頂きます。(なお、実店舗に関しましては、在庫が到着次第店頭に展開して参りますので、少しばかり早めにご案内が出来ると思います。それぞれの店舗にお問い合わせ下さいませ)

 フルミネルバボックス仕様となりましたCOLLIERですが、価格は29,400円(税込)となっております。

P8066640.jpg

 本体にヴェロアを使用していたCOLLIERもクラシックで素敵でしたが、改めてミネルバボックスをまとわせると、とても迫力があり、しっかりと使い込んでみたくなる趣が滲み出ています。

 軽やかな夏場だけではなく、これからの秋冬シーズンにも風合い豊かな革を愉しんでいただけるのではないかと思います。
 (夏場の多量な汗や雨の水分などにより、少なからず色落ちの可能性がございます。使い始めのうちは、色の淡い洋服などには十分にお気をつけ下さいませ)

 それでは細部をまずは見て参りましょう。当時のCOLLIERからブラッシュアップしているポイントもあり、更に使いやすくなりました。

P8066671.jpg

 まずは全体像ですが、PISTEよりも一回り大きいくらいのサイズ感となっておりますが、ル・ボナーさんのパパスショルダーよりは圧倒的にコンパクトな大きさとなっています。

 容量としてもちょうど中間くらいのニュアンスとなるでしょうか……。

 メインの部分だけでなく縁の部分やベルトの革部分など、細かいパーツにも全てミネルバボックスを用いておりますので、小さいながらとても贅沢な仕上げです。

P8066674.jpg

 バッグの開閉はファスナー式でL字を描く様に配置されています。ゴールドのエクセラファスナーがとても美しく、やはりどことなくアンティーク調な空気が感じられます。

P8066676.jpg

 また、COLLIERの特徴的な部分が、ショルダーストラップを取り付ける金具です。かつては一度無くなってしまった、昔のU字型のレトロな金具を復刻したものが取り付けられています。

 この型は本当に珍しく、現在はほとんど見かけることはない金具です。シンプルなバッグの中に程よくアクセントとなりますし、使い込んだ後の表情がとても愉しみになるパーツです。

 今回のCOLLIERでは以前のつくりと金具の向きを変えています。
 そうすることで肩に背負った際のフィット感が増し、より体に馴染みやすくなると共に、開閉ファスナー部を少し長くすることが出来、広く口が開き、モノの出し入れがさらにスムーズになりました。

P8066680.jpg

 サイズ調整が可能なショルダーストラップ部は、最短で約97cm〜最長で約148cmとなっており、体に密着させて持って頂く事も出来ますし、ゆったりと背負って頂く事も可能となっています。

 また、このストラップのテープ部も少し変更をしており、より丈夫にしなやかなものとなり、カラーもミネルバボックスの革色イメージに合わせられました。

P8066683.jpg

 そしてそして、こちらは以前の頃からですがストラップ調節部の金具にも地味にロゴが刻印されていたりと、実は細かな贅沢が詰まっているCOLLIERです。

 さて、それではファスナーをオープンして参りましょう。

P8066687.jpg

 L字につけられたファスナーを開けると、中は想像以上に広い部屋が広がっています。COLLIERは全体的にはコンパクトな印象がございますが、マチ幅をしっかりと広めに取っている為、見た目以上にたっぷりとした収納力となっています。

 裏地はもちろん、WILDSWANSオリジナルのコットンとなっておりますので、引き裂きや摩耗に強く、長く綺麗にご使用頂けます。

P8066689.jpg

 内側の側面には、やはりミネルバボックスでつけられた素押しのロゴが。

 こちらも今回より新しくなり、王冠入りでやや大きなものに変更となりました。

P8066691.jpg

 もう一方の側面には、マルチにお使い頂けるポケットが付属します。広めの大きさで作られていますので、小物を小分け収納するのにはピッタリですね。

P8066693.jpg

 と、それでは実際にちょっと何かモノを入れてみましょう……。

P8066695.jpg

 シュランケンカーフバージョンのWAVEとTONGUEをそれぞれメインスペースに入れてみています。

 WAVEは長財布でもやや大ぶりなタイプではございますが、それでも幅や高さともにかなり余裕があり、TONGUEと合わせて収納してもまだまだスペースが余っています。

P8066698.jpg

 この具合ですと、更にペンケースやメモ帳などを入れ、他にも細々したものまで収納できそうです。

 また、サイズ感としてはiPad miniもすっぽりと収まるサイズとなっておりますので、ミニサイズのタブレットを入れて頂くのも面白いかもしれません。

P8066700.jpg

 側面ポケット部には、TONGUEはコロンと入ってしまいます。
 (画像は見えるように、わざとはみ出させていますが……)

 こちらに小銭入れやパスケース、あるいはペン等を収納しておくとさっと取り出す事が出来、便利ではないでしょうか。

P8066701.jpg

 ちなみに、外に出して大きさを比較しますと、こんな具合です。街歩きや普段のお出かけには非常に優れたサイズ感です。

P8066705.jpg

 こんな風に500mlペットボトルもゴロっと収まってしまいます。2~3本入ってしまう勢いですので、COLLIERの意外な懐の広さがよく分かります。

P8066708.jpg

 ペットボトルとのサイズ比較もこのような具合です。全体のサイズが伝われば良いのですが……大きすぎず小さすぎず、まさに絶妙な大きさです。

 パッと気軽に手に取って、サッと肩にかけて出かけられる、ちょっと大人なミニショルダーバッグです。

P8066632.jpg

 毎日の友として、長年連れ添いたくなるような……素敵な風合いです。

 続きます。



Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode