ディプロマショルダーについて 1

 aic-bag.JPG

 神戸の鞄屋さんのル・ボナーより、先日久々に制作されたバッグが入荷致しました。ディプロマ(卒業)と名付けられた、大人の雰囲気漂うショルダーバッグです。


 しばらく前(といっても数年前だったように思いますが……)にC.O.U.でも取り扱いをしておりましたが、久方ぶりにル・ボナーのディプロマショルダーが製作されましたので、C.O.U.銀座店、C.O.U.京都店、オンラインショップとそれぞれに入荷して参りました。

P7175825.jpg

 ボナーのショルダーバッグとしてはパパスショルダーが定番というイメージがございますが、このディプロマショルダーはその名前ディプロマ(卒業の意)の通り、「パパスショルダーを卒業した方への大人のショルダーバッグ」ということで製作されているそうです。

 素材はドイツ・ペリンガー社のシュランケンカーフを使用し、しなやかで優雅な雰囲気となっています。

P7175840.jpg

 大きな特徴である全体を覆うフラップを開けてみると、裏側がふわふわと心地良い質感なのが分かります。

 ディプロマショルダーでは内装の内張りなどは施さず、基本的にはシュランケンカーフの一枚仕立てとなっているので、この心地良い質感はシュランケンカーフの床面(裏側)そのままの質感、ということになります。

 色も綺麗ですし(特にバイオレットやネイビーなどの濃色は鮮やかな色味です)、まるでスエード革をもう一枚あしらっているかのようです。シュランケンカーフの革の良さを今一度再認識させられます。

P7175853.jpg

 ボディ前面には金具なども一切無く、とてもシンプルな構造となっています。フラップは大きめにかぶさる分、金具留めなどがなくてもしっかりと蓋がしまるようになりますので、バッグはきちんと落ち着きます。

P7175846.jpg

 中はもの凄くシンプルな構造で、こちらも内装などは特になくシュランケンカーフの一枚仕立てで、大きく1室となっています。

 気が津にモノを詰め込めるような構造ですので、日常使いにはまさにピッタリかもしれませんね。

P7175849.jpg

 そして大きな室内の上の方には、シュランケンカーフをまたあしらい、ファスナーポケットと小さなポケットが2室付属しています。

 携帯電話を収納したり、ファスナーポケットにはキーケースなどなど、小物の整理にちょうど良いサイズのポケット達です。

P7175856.jpg

 ショルダーストラップはサイズの調整も可能となっており、5段階で105cm〜125cmまで5cm刻みとなっています。

 このストラップ部分に関しては、一枚仕立てではなくシュランケンカーフを合わせていますので、肩に掛けた際のフィット感は弾力がありながらも柔らかく、とても心地良いです。
 (シュランケンカーフ特有のシボ感のおかげで、肩から滑りにくくもなっているように思います)

P7175829.jpg

 とてもシンプルな見た目の中に、大人の余裕が感じられるような趣です。



 続きます。 


Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Information

categories

Archives

search this site.

Facebook

mobile

qrcode